お菓子の最近のブログ記事

2008.09.27(土)

お菓子][福岡

D70_2607-m.jpg

 先週、福岡に出張してきました。
 もちろん、仕事だけで東京に戻るなどという愚行をするわけがありません(笑)
 今回は、福岡のスイーツを楽しもうと思いました。

 18日、仕事を終えたあとに、いざケーキ屋さんへ。
 この前博多祇園山笠を見に行った時に書店で買った、「福岡 とってもおいしいケーキ屋さん」というガイドブックを頼りに、おいしそうでかつ店内で食べられる店を選んで、期待を胸に天神からバスに乗りました。

 少食の僕ですが、めったにない機会だからこの日は2軒行こうという気持ちで、南薬院というところでバスを降りて1軒目の店の前に行くと...。
 「移転のため閉店」の貼り紙(笑)
 「うーん、しかたない。こんなこともある...」

D70_2604-m.jpg すると、道すがら電柱に「あやこさんちの浄水通りプリン」という貼り紙広告が(笑)
 よくわからないけど、ケーキにありつけなかったことだし、転んでもただでは起きぬとばかり、その店へ。
 洋品店なのに、手作りプリンを販売しているという変わった店でした。
 230円のカスタードプリンは、なかなかの味。でも、わざわざ取り寄せるほどではないかな。

 バスで戻り、今度は渡辺通というところのキャラメル味を売りにしている店へ。
 ところが、その店が入っているはずの商業ビルに行くと、フロアガイドに名前がない...。
 あせり、携帯で調べてみると、「移転」...。

 いずれの店も、この本の出版後に移転したのでしかたないとはいえ、この本を買ったのはちょっと損した気分です(笑)

D70_2610-m.jpg 3軒目にしてようやくケーキにありついたのが、写真を掲載している、「オ・デリス」という店。フランス人パティシエが福岡で開いた店です。
 薬院駅の近く。渡辺通から歩いて行きました。

 ケーキをはしごできなかった悔しさで、2品注文(笑)
 桃を使ったロールケーキと、シフォンケーキです。
 どちらも、優しい甘さと食感で、とても美味しい。また来たいと思いました。

 ただ、この店は甘さ控えめが特徴。クッキーなどの焼き菓子も買い、美味しければ紹介しようと思っていましたが、こちらは全体的に甘さを抑え過ぎ。
 ちょっと度を越した「甘さ控えめ」だったので、残念ながらおすすめできません。こちらはケーキがいいようです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2007.07.08(日)

お菓子

DSC_1814.jpg 先日出張で訪れた弘前では、2軒の店で美味しい洋菓子を買って帰りました。
その店は弘前駅の1Fに出店していて、とても手軽に購入することができます。

 一つは、「デザートショップ」という名の店。フランス料理店に併設したスイーツの店のようで、それが駅ビルにも入っているのです。
 写真を見て美味しそうだとわかるかもしれませんが(笑)、焼菓子類のレベルがなかなか高かったです。
 マドレーヌは、僕が洋菓子屋で必ず買って味を比較する、ある意味その店の実力をはかる尺度のようなお菓子なのですが、ここは美味しかったですよ。
 全体的にとても美味しい。ただ、一部の焼菓子に胡椒の一種がスパイスに使われているのが僕の好みとは少し合いませんでした。これは好みの問題です。

DSC_1816.jpg もう一つは、「しかないせんべい」という、甘いせんべいを中心にしたお菓子屋さんの「らぷる」というお菓子。
 小麦粉の生地の中に、津軽のりんごが入っている、弘前らしい一品。小さいので一口で食べられます。

 どちらも列車に乗る直前でも買える、おすすめのお菓子です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2007.06.27(水)

お菓子][日記

D20_4646_m.JPG 昨年の秋以来、久しぶりに青森に出張で来ています。

 写真は、八戸駅の改札内売店で売っている「田舎あんぱん」。数年前に初めて食べて以来、八戸で新幹線と東北本線を乗り換える度に買っています。
 パンの香りやあんの味がとてもよく、今まででいちばん美味しいあんぱんだと思っています。

 仕事を終えて夕食はホテルのイタリアンレストランで。好物のカルボナーラに、「クレーマ・カタラーナ」という、カスタードプリンを少し凍らせ、表面の砂糖を焦がしたデザートと白ワインを。
 なんと重苦しい組み合わせ!かもしれませんが、どちらも食べたかったので…。それに、いくら食べても太らないし(笑)。

 セントラルホテル青森というホテルの1Fに入っている「ポルチーニ」というレストランです。
 昨年の秋に知り、今回もここで夕食を食べたいからこのホテルにしたくらい気に入っています。

 食べた話ばかりしましたが、今日は仕事で来ました。念のため(笑)。

| コメント(2) | トラックバック(0)

2007.03.19(月)

お菓子

D20_0304.jpg 今回はまたとても美味しいスイーツの店を紹介しましょう。盛岡市の洋菓子店「タルトタタン」です。

 意外なことに南部せんべいの「巖手屋」がやっているというこの洋菓子店。盛岡駅構内の改札口にも店があります。出張などで盛岡に行った際に買って帰ることがあるのですが、なかなかレベルが高いのです。

 先日の花輪線の旅の帰りに買って、その美味しさに驚いたのがこのプリン。「啄木の朝」です。
 小さくて可愛い牛乳瓶の中は、上から生クリーム、プリン、カラメルの3層になっています。プリンはとろとろに柔らかいタイプ。甘さもしっかり程よくて、絶品です。
 1本250円と決して安くありませんが、この美味しさならしかたないかな、と思えます。

D20_3179.jpg この店で初めて買ったお菓子は、なんとバウムクーヘンでできたロールケーキ、「クーヘンロール」です。バウムクーヘンがもともと層を成している上に、それで生クリームをロールしているのです(^^
 これはちょっと新鮮な美味しさですね。バウムクーヘンもふわふわとそれ自体なかなか上質です。 

 そのクーヘンロールのチョコレートバージョンが期間限定で売っていたので、これも先日の花輪線の帰りに買いました。
D20_0292.jpg こちらはケーキの中に、栗か、さつまいもが入っています。あまりに一つひとつの欠片が小さいのと、チョコの味の強さに負けて栗とさつまいものどちらかなのか、なかなかわからないのです(笑)。

 僕の感想は、プレーンのクーヘンロールのほうが好きです。チョコ味のほうは、チョコという存在が強いので、せっかくのクーヘンロールが、なんだか普通のロールケーキのチョコ味のようにも思えました(笑)。

 このほか、かぼちゃのチュイールや「タルトタタンサブレ」などもおすすめです。
 残念ながら、クーヘンロールと啄木の朝は盛岡駅店の限定商品で、通販もできないということです。

 このクーヘンロールと啄木の朝は大人気で、一度出張で盛岡に行った時に仕事の帰りに買おうと思ったら夕方にはすべて売り切れていました。
 花輪線の帰りに買えたのは、前日のうちに店に電話して取り置きしておいたからです(笑)。

 写真はもちろん僕が撮ったものですが、商品撮影のほうはまだまだ未熟。特にクーヘンロールはちょっと形が崩れてしまいました。

タルトタタン

| コメント(0) | トラックバック(0)

2007.03.09(金)

お菓子

D20_0038.jpg 仙台のデパート「藤崎」では、全国の和洋菓子を取り寄せて販売するコーナーがあり、そこで素敵なお菓子に出合うことがあります(笑)。

 今日は、広島県尾道市の「Common」という洋菓子店のワッフルです。
 昼休みの時に売り場に行くと、女性たちの行列ができていました。そこへ男一人、加わりました(笑)。

 僕が買ったのは「ダブルクリーム」。カスタードと生クリームをサンドしたものです。ほかに、栗、フランボワーズ、ミルクチョコなどがありました。
 上品で、美味しいです。ネットで検索すると評判がたくさん出てきます。

 甘さは控えめ。僕にとってはちょっと物足りず、ここは減点です。
 「甘さ控えめ」というのは僕は悪しき風潮だと思っている(笑)のですが、モノがよければ甘さ控えめにしても美味しいものです。このワッフルは品質が高いので大丈夫です。
 サイズはこじんまりとしているのですが、この「ダブルクリーム」は200円。他の味は170円前後だったようですが、ちょっと高いですね。

 店のサイトを見ると、アイスクリームのワッフルもあります。価格は400円くらいなので、おそらく今回仙台で売っていたものは半分の大きさなのではないかと思います。

尾道市「Common」

 仙台にいながら尾道のワッフルを紹介するとは思いもしませんでした。
 尾道の街も行ってみたいところの一つです。

| コメント(4) | トラックバック(0)

2006.12.03(日)

お菓子][鉄道

DSC_9564-m.JPG 先週の11月25日の土曜日に東京で銚子電鉄のぬれ煎餅を買いました。最近、テレビやインターネットで取り上げられているため、鉄道に興味のない人にもこのぬれ煎餅のことが知れ渡ってきています。

 銚子電鉄とは千葉県銚子市の銚子駅から犬吠崎の方面を結んでいる短い私鉄の鉄道路線です。1913年に開通しました。
 今話題になっているぬれ煎餅とは、銚子電鉄が副業として95年に販売を開始したもの。先月、深刻な経営難で車輌の検査を行うことができずこのまままでは運行ができなくなる事態に陥った銚子電鉄が、検査費用のためにぬれ煎餅の購入をお願いする急告を会社のホームページに掲載しました。
 このことを知った鉄道ファンなどから、銚子電鉄を救おうとぬれ煎餅の注文が殺到し、それによって車輌一輌を検査に出す目途がついたとのことです。

 まるで漫画のような話…ですが、現実におきていることなのです。
 ホームページには「電車運行維持のためにぬれ煎餅を買ってください」「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです」との切実なメッセージが掲載されています。
 マスコミがこのことを取り上げて全国から注文が殺到。店頭では売り切れ、日に日に注文数が累積し、11月29日にはとうとう1万件を超えて発送の処理能力がパンクしたため、オンラインでの注文は休止しています。

 鉄道ファンの僕ですが、JR以外の鉄道にはほとんど興味がないためこの話題を知るのがずいぶん遅れました。
 銚子電鉄が副業としてぬれ煎餅を売っているということは何となくは知っていました。驚くべきは、ぬれ煎餅の販売収入は今や鉄道事業収入の倍以上になっているということです。いかに鉄道利用者が減っているかということです。

 このぬれ煎餅、味のほうもかなり美味しいという評判もあり、東京に行く機会にぜひ買いたいと思い、先週末に買いに行きました。
 はじめ錦糸町駅のキオスクに行ったのですが、そこでは売り切れ。入荷の予定もままならないという話でした。翌日に東京駅の地下にある店に問い合わせるとそこでも売り切れでしたが、近くの大丸の銘菓コーナーには品があり、わざわざ取り置きをお願いしてついに入手しました(笑)。

 このぬれ煎餅、本当に美味しいです。なんといっても、タレの味が濃く、しかも充分に沁み込んでいます。10枚入りで840円。銚子電鉄を応援したい気持ちとは関係なく、純粋にお菓子として非常に高く評価できる商品です。

 現在入手が困難になっていますが、興味のある方には自信もって勧められる味です。千葉だけでなく、東京駅、池袋、吉祥寺にも販売しているところがあります。詳しくは銚子電鉄HPで。

 まさか、このブログで「鉄道」と「お菓子」の2つのカテゴリーを同時に掲げる記事ができるとは思っていませんでした(笑)。

| コメント(2) | トラックバック(0)

2006.11.29(水)

お菓子][福岡

 福岡のお菓子「ひよ子」がニュースになりました。その名の通りひよこの形をした饅頭のような和菓子で、僕は福岡に住んでいた頃よく食べたものですし、「ひよ子」の店のそばを通ったものでした。

 ニュースになったのは、「ひよ子」がその形の立体商標登録を認められていたものを、取り消す判決が知的財産高等裁判所で出されたというものでした。
 そもそも、商標の一つとして立体的形状があるということを今まで知りませんでした。
 裁判長はひよこの形状を「単純なもので、ありふれている」と判断したとのことですが、僕はこの判決を支持します(笑)

 さて、「ひよ子」については是非いわなくてはいけないことがあります(笑)それは、「東京みやげ」問題です(笑)
 「ひよ子」は、福岡の製菓会社が多数生まれた筑豊地方の一つ、飯塚市発祥のお菓子です。生まれたのは1912年といいますから、ずいぶん古いんだなと少し驚きます。
 それが戦後少しして福岡市内に進出したようで、僕なんかは始めから福岡(市)のお菓子として親しんだわけです。
 そして、「ひよ子」は僕が生まれるずっと前、1964年頃にもう東京に進出していたんですね。これは今回調べて知って意外でした。

 僕の一家は1986年に福岡市から東京に引っ越してきました。東京に来ると、東京駅で「ひよ子」が売っていて、しかも「東京みやげに…」との謳い文句がありました。
 僕と母は驚くとともに、 「何が東京みやげだ」と反発したものです(笑)その気持ちは今も変わりません(笑)
 今回この記事を書くために調べて意外だったのは、「ひよ子」が東京に進出してからもう40年以上もたっているということです。それでも、福岡の誇りを捨てて「東京みやげ」などと名乗っていることは許しません(笑)

 ただ最近、東京駅の販売コーナーから「東京みやげに…」という文句が消えていることに気づきます。この前の週末に東京に行った時にも気をつけて見てみたのですが、その文句はありませんでした。
 これは「福岡のお菓子なのに」という反発を受けたものなのか(笑)、それともあえて名乗る必要もないくらい「東京みやげ」として定着したからなのか、わかりません。

 もう長くなってますが、ついでにもう一つ(笑)。「ひよ子」と並んで有名な福岡のお菓子(メーカー)といういい方をされているのが千鳥屋の「千鳥饅頭」です。
 これも同じく飯塚市の発祥で、東京などにも進出しています。こちらは「東京みやげ」と称したりはしていません(笑)。
 僕は、「ひよ子」よりも「千鳥饅頭」のほうが圧倒的に美味しいと思っています。「千鳥饅頭」と、洋菓子の「チロリアン」は僕が最も愛しているお菓子です(笑)。これは本当に美味しいです。
 千鳥屋も「ひよ子」と同じように東京にグループ会社があり、半ば独自のメーカーとして商品を出しています。
 これはマニアックな話になりますが、「薄露」という、あずきを寒天で固めたお菓子が東京では「東京あずきグラッセ」という名前で売られている(今は、「東京あずきグラッセ薄露」という名前になっている(笑))のには多少反発を覚えますが(笑)。

 話をまとめると、僕は福岡の真の二大製菓会社は「千鳥屋」と「さかえ屋」だと思っています(笑)。

| コメント(12) | トラックバック(0)
このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 4.2-ja