2012年5月アーカイブ

2012.05.31(木)

 

牛深は、小さな港町です。
初めてこの地を訪れた4月21日は、あいにくの雨、それも時折激しく降る雨でした。

この雨のために夜のハイヤ総踊りは、屋内の舞台演舞に変わってしまいました。

雨のために街歩きと撮影も、なかなかうまくいきませんでした。


 

 

今は小さなこの港町も、江戸時代は海運の寄港地、全国有数の漁業の町として栄えました。


 

その象徴的な存在の一つが、遊郭。いかに寄港地として栄えていたかを物語ります。

かつての遊郭の建物が、今も残っています。
その一つが、「紅裙亭」。
「紅裙」とは、中国の言葉で、美しい女性という意味なのだとか。


 

牛深ハイヤは遊郭の芸妓によっても踊られ、洗練され、船乗りたちによって全国各地へ伝播していった、といわれています。


 

こちらはもう一つの、より立派な造りの「三浦屋」。

もっとも、牛深の遊郭については不明な点が多いです。
船乗りたちが、天候待ちで夜な夜な酒を飲み、遊び、金を落とす。牛深の貧しい女たちは、その男たちを慰めた。
時化がおさまり、再び船で牛深をあとにする男たちを、坂の上から女たちが見送った...。
―といった記述もありますが、真偽のほどはよくわかりません。

むしろ、牛深の遊郭で働いた女性は外部から来たのであり、客の男は牛深の豊かな漁師たちだった、との記述もあります。

まだ多少の資料を読みかじったばかりの僕には、詳しく論じる力がありません。


 

東京下町の狭い路地のような、住宅が密集した集落。
「背戸輪」とよばれる、漁民の集落です。

道が細いのに、海からと山からの風が合わさって風通しがよいといいます。不思議。


 

背戸輪のあるこの一帯を、加世浦集落といいます。
ハイヤ踊りの原型、思い思いに即興のように踊る「元ハイヤ」が、今もこの地域のお年寄りによって踊られています。
今回、僕は見る機会に恵まれませんでしたが、これは貴重な伝統芸能です。


 

牛深、天草は海の幸の宝庫。
あげればきりがありません。ハイヤ祭りでは、たくさんの商店の仮設店舗で、売られていました。

これは、きびなごの一夜干しと味醂干し。
最高です。

きびなごは、九州と高知県以外ではなじみがない魚のようです。
僕は福岡にいた子どもの頃、しょっちゅう天ぷらを家で食べていました。


そしてこちらが、珍味、生からすみ。

これはもう、最上の地酒とともにどうぞ。酒が止まりません。




揚げたての揚げ蒲鉾を売っていた、原蒲鉾店のご主人。

あおさ入りの揚げ蒲鉾など、最高に美味しかったです。

 

牛深は、ちょっと遠いけど、魅力盛りだくさんの街です。


| コメント(0) | トラックバック(0)

2012.05.30(水)

子どもたちは、未来の希望。
子どもたちは、町の宝。


#01
ニコン D3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM、400mm、1/640秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO400、WBオート





 

郷土の歴史が、民俗が、次の世代へと受け継がれていく様子を見ていると、幸せな気持ちになります。

#02
ニコン D3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM、420mm、1/800秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート




ところで、今回、この祭りの撮影に、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSMというレンズをメインに使いました。

これは俗称「サンニッパズーム」といわれ、カメラに詳しくない人にもよかるようにいうと、とにかくいいレンズなんです(笑)

キレ、ヌケがよく、ボケも美しい。世界を見たままに写せる。
僕が持っている中では、最も高価なレンズです。

#03
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、270mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート





2009年に中古でこのレンズを入手しましたが、今まで出番はあまり多くありませんでした。

鉄道撮影でしか使ったことがありません。

2010年初春の大糸線や、「能登」「北陸」撮影の遠征で活躍しました。

しかし、祭りでは一度も使ったことがりあませんでした。

理由は単純。重さが約2.8kgもあり、機動力に欠け、持っているだけでも大変だからです(笑)

#04
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、210mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート




#05
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、300mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート

しかし、気合いを入れれば辛うじて手持ちできるギリギリの重量ではないかと考え、思い切って今回、牛深へ持って行きました。
しかも、今まで祭り撮影のメインで使ってきた、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSMも持って行き、併用しました。

22日の朝、旅館の窓から道路を挟んだ向かいの民家の屋根瓦を、両方のレンズで撮って比べてみました。
するとやはり、サンニッパズームのほうが、解像感で明らかに優れるとともに、色の再現性、コントラストでも上でした。
それで、今回はこのレンズでいこうと決心がつきました。

博多祇園山笠のようなハードな撮影では無理ですが、踊りを撮る祭りでは、今後もメインレンズとして陽の目を見るかもしれません。

(続く)

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012.05.29(火)

 

#01
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、150mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート

牛深ハイヤ踊りを後々まで伝え続ける、牛深ハイヤ保存会のみなさん。

牛深は三方を山に囲まれ、薩摩と各地を結ぶ海運帆船、漁船の風待ち、波待ちの恰好の寄港地として栄えました。
船乗りの男たちは酒盛りをして天候を待ち、牛深の街はにぎわいを見せました。かつては遊郭も立ち並んだほどです。

 


そんな酒盛りの席で歌われていたというのが、牛深ハイヤ節。「ハイヤェー」の甲高い歌い始め、三味線が刻む二拍子が、心をつかみます。
このハイヤ節が、西回り、東回りの航路を経て全国各地に伝播し、鹿児島ハンヤ節、三原やっさ節、佐渡おけさ、津軽アイヤ節と、個性豊かな民謡が生み出されていったといわれています。

#02
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、210mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート、トリミング




越中八尾のおわら節との共通点も指摘され、そしてあの阿波踊り、阿波よしこの節もまさに元をたどればこの牛深ハイヤにゆきつくそうです。


#03
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、120mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート





踊りは、もともとは決まった振り付けというよりは、思い思いに踊られていたそうです。
牛深の酒席では、最後にハイヤ節を唄い、誰かが踊りだし、やがてみんなで踊って最高に盛り上がる、といいます。

海の生業とともに生きる牛深の人々の生のエネルギーを、ハイヤは伝えてくれているようです。

#04
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、160mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート




#05
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、120mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート、トリミング

今のハイヤ踊りは、保存会の人たちが戦後に振り付けたものだそうです。
腰を落として網を引く動作や、艶っぽく腰を振るしぐさが入るなど、牛深の風土を見事に表現しています。

実に明るく陽気な踊りです。


#06
ニコン D700、タムロン SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD ASPHERICAL(IF)MACRO、42mm、1/640秒、F7.1、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート

保存会の指導で、見物客も飛び入りで踊りに参加していました。


#01
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、120mm、1/1000秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート

数々の民謡の起源とされるこの牛深ハイヤ。
徳島のみなさん、全国のみなさんにぜひ見ていただきたい祭りです。

(続く)

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012.05.28(月)

祭りに力強い活気を与えてくれるのは、やはり若い人たちでした。


#01
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、200mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート









 

#02
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、200mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート






#03
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、150mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート







#04
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、190mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート、トリミング







#05
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、240mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート






#06
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、180mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート






(続く)

#07
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、120mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート






| コメント(0) | トラックバック(0)

2012.05.26(土)

踊り団体の中で、ひときわ華やかだったのが、牛深町婦人会です。

#01
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、140mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート、トリミング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#02
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、300mm、1/1000秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート、トリミング


牛深ハイヤでは、徳島の阿波踊りよりもさらに、お年を召した人たちが現役バリバリで踊る姿が目立ちました。

#03
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、300mm、210mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート、トリミング

 








 

若い人たち一色ではない魅力がありました。

#04
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、220mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート











 

#05
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、240mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート、トリミング

中でも、一番サービス精神旺盛だったのが、表紙の女性。
沿道の観客に近寄り、手と手を合わせる場面もありました。


 

#06
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、160mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート、トリミング









 

可愛らしささえ、そして色気も感じる踊り姿でした。

(続く)

#07
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、190mm、1/1250秒、F4.5、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート、トリミング

| コメント(0) | トラックバック(0)

4月22、23の両日、熊本県天草市(旧牛深市)の伝統芸能、牛深ハイヤの撮影に行きました。

この牛深ハイヤは、北前船を通じて全国に伝播し、その姿を多彩に変えていきました。
あの阿波踊りも、その一つだといわれています。

阿波踊りに魅せられた僕は、そのルーツといわれるこの踊りもぜひ見てみたいと思っていました。

2011年1月に、東京ドームで開かれた「東京ふるさと祭り」の際に初めて、少しだけ見る機会を得ました。
ぜとも本場、牛深で見たい。
その思いを抑えることができず、遠路牛深を訪れたのでした。

 

#01
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、240mm、1/1250秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート











 

牛深ハイヤ保存会の早水純子さん。
半世紀に渡ってハイヤを守り続けてらっしゃるとのことです。

祭りが終わった直後に道ですれ違い、「素晴らしい踊りをありがとうございました」と声をおかけしたところ、立ち止まってとても気さくにお話して下さいました。

#02
ニコン D3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM、300mm、1/800秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート







 

今年の「ハイヤ娘」はとびきりの美人さんでした。

#03
ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、240mm、1/1000秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート







 





 

多忙のため、公開が遅くなりましたが、この素晴らしい祭り、牛深ハイヤを、連載でお届けしたいと思います。

(続く)

#04
 ニコン D3、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM、300mm、1/1000秒、F4、露出モード:マニュアル、ISO200、WBオート


 

| コメント(1) | トラックバック(0)

2012.05.07(月)

#01
 ニコン D700、タムロン SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD ASPHERICAL(IF)MACRO、28mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO1000、WBオート、フラッシュ使用

魂を揺さぶる音が、この阿波の国にはある。



#02
 ニコン D700、タムロン SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD ASPHERICAL(IF)MACRO、48mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO800、WBオート、フラッシュ使用

振興協会の圧巻の総踊りが始まった。




ゑびすは、笑顔だ!
この夏、ゑびす連を見ることができなかったのは、僕にとって最大の痛恨だった。

#03
 ニコン D3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM、280mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO1000、WBオート、フラッシュ使用







#04
 ニコン D700、Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF)、28mm、1/80秒、F2.8、露出モード:マニュアル、ISO640、WBオート、フラッシュ使用

この夏のために、みな生きているのかと思うくらい、男も女も踊り狂う。




#05
 ニコン D700、Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF)、26mm、1/80秒、F2.8、露出モード:マニュアル、ISO640、WBオート、フラッシュ使用

素晴らしき鳴り物たちの調べと、阿波の天水たちの踊り姿は、徳島を発ったあともしばらく胸に灼きついて離れなかった。




今年もありがとう、徳島。

#06
 ニコン D3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM、125mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO1000、WBオート、フラッシュ使用



| コメント(0) | トラックバック(0)

2012.05.01(火)

彼女は、彗星の如く現れた。

#01
 ニコン D3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM、150mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO1000、WBオート、フラッシュ使用





南内町に、主役が踊り込む!

#02
 ニコン D3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM、100mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO1000、WBオート、フラッシュ使用






#03
 ニコン D700、タムロン SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD ASPHERICAL(IF)MACRO、28mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO1000、WBオート、フラッシュ使用

ヤトヤトー!


#04
 ニコン D700、タムロン SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD ASPHERICAL(IF)MACRO、28mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO1000、WBオート、フラッシュ使用




無上の喜び。

#05
 ニコン D3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM、100mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO1000、WBオート、フラッシュ使用






これ以上、何が要るというのか。

#06
 ニコン D3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM、125mm、1/50秒、F5.6、露出モード:マニュアル、ISO1000、WBオート、フラッシュ使用



(続く)
| コメント(0) | トラックバック(0)

最近のコメント

村長: 牛深のチロリン村の村
(ふるさとの南風(はえ)に吹かれて―2012 牛深ハイヤ(1))
げんぞう: 祝7周年!
(儚き幻灯の夜―2011 山鹿灯籠(6))
やってぃー: はじめまして。 いろ
(天水が舞う国―2011 阿波踊り(7))
Hoso: お疲れさま。ツヨホン
(2011年 小町まつり・宵祭)
Hoso: ぜひ拝見させていただ
(583「はつかり」復活!)
このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 5.13-ja