2009年8月アーカイブ

2009.08.28(金)

090717_NIKON D3_0451-m.jpg

#01
 ニコンD3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、220mm、1/200秒、F4、マニュアル露出、ISO1000、WBオート

 意外に仕事その他で忙しく、更新がまた空いてしまいました。
 祭りの当日から1ヶ月以上も遅れて、ようやく祇園祭連載の最終回を迎えました。

 7月17日の山鉾巡行が終わったあとの夕方、八坂神社を3基の神輿が出発し、氏子地域を回って四条寺町の御旅所に留まる、神輿渡御が行われます。
 これこそが、祇園祭の中心行事なのです。

 神輿に先立って、行列の先頭を務めるのが、「宮本組」。八坂神社近くに住む氏子たちの組織です。「勅板」などの神社の神宝を持ちます。
 このほか、祇園祭の様々な場面で重要な役割を担っています。

 僕は、三条大橋の西側でカメラを構えました。19時過ぎ、神輿が橋を渡りました。

090717_NIKON D3_0461-m.jpg #02
 ニコンD3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、220mm、1/200秒、F4、マニュアル露出、ISO4000、WBオート

 

 「ホイットー、ホイットー」の掛け声で神輿が氏子たちに担がれてゆきます。
 この日の深夜に四条御旅所に逗留した神輿は、24日の還幸祭で御旅所から出て氏子地域を回り、八坂神社へと帰ってゆきます。

090717_NIKON D700_0088-m.jpg

#03
 ニコンD700、タムロンSP AF28-75mm F/2.8 XR Di、28mm、1/160秒、F3.5、マニュアル露出、ISO1600、WBオート

 京の都から悪いものを退散させようという、神輿の渡御。ここにこそ、長い年月祭りを守って来た京都の人たちの思いが込められているのでしょう。

 今回、初めて見た祇園祭。また機会があれば、違った視点で見ることかできればいいなと思っています。

(終わり)

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009.08.21(金)

090717_NIKON D700_0036-m.jpg

 山鉾の中で、特に印象に残ったのが、鶏鉾でした。
 曳子たちがかぶる朱色の笠が目立ちます。これは鶏のとさかを表しているのでしょうか?

#01 
 ニコンD700、タムロンSP AF28-75mm F/2.8 XR Di、66mm、1/125秒、F7.1、マニュアル露出、ISO200、WBオート

 印象的、と感じたのは、この朱色の笠のことではなく、その豪快な辻回しでした。

090717_NIKON D3_0248-m.jpg#02
 ニコンD3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、300mm、1/250秒、F5.6、マニュアル露出、ISO250、WBオート

 

 

 

 鉾の前面に乗って、独特の節回しとともに扇子を振り回して鉾の進行を指揮するのが、音頭取。
 通常は2人ですが、辻回しでは4人に増やされます。

090717_NIKON D3_0300-m.jpg#03
 ニコンD3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、270mm、1/250秒、F5.6、マニュアル露出、ISO250、WBオート

 割り竹の準備をはじめ、辻回しを取り仕切る車方が車輪を押し、曳子も懸命に綱を曳いて鉾を回します。
 短時間で成功した辻回しに、観客は拍手を送っていました。

(続く)

090717_NIKON D3_0255-m.jpg#04
 ニコンD3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、170mm、1/250秒、F5.6、マニュアル露出、ISO320、WBオート

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009.08.20(木)

090717_NIKON D3_0159-m.jpg

 #01
 ニコンD3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、185mm、1/250秒、F5、マニュアル露出、ISO320、WBオート

 山鉾が交差点を90°曲がる辻回し。山鉾巡行の見どころの一つです。
 各山鉾の曳子たちが、懸命に綱を曳いて、山鉾を方向転換させます。

 この辻回しをするための準備があります。
 道路に割り竹を敷き、車輪がその上に乗るようにします。さらに、水をかけて、車輪を滑らせて方向転換をさせます。

090717_NIKON D3_0205-m.jpg#02
 ニコンD3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、210mm、1/250秒、F5、マニュアル露出、ISO320、WBオート

 

 

 

 だいたい3回くらい山鉾を曳いて、方向転換が完了します。中には、うまくいかずに4回以上かかることもあります。
 一度に大きく山鉾が回ると、観衆から歓声が起こります。

 無事に辻回しを終えた山鉾は、再びまっすぐに、御池通を西へ進んで行きました。

(続く)

090717_NIKON D700_0029-m.jpg#03 
 ニコンD3、タムロンSP AF28-75mm F/2.8 XR Di、62mm、1/125秒、F7.1、マニュアル露出、ISO200、WBオート

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009.08.16(日)

090816_NIKON D700_0003-m.jpg

#01
 ニコンD700、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>、200mm、1/160秒、F5、マニュアル露出、ISO4000、WBオート、トリミング

 祇園祭連載をまたお休みして、今夜は五山送り火です。
 京都の夏の終わりを告げる風物詩。亡き人々の霊を再び送り出すという意味が込められているそうです。

 初めて見る、京都の五山送り火。先祖や亡き人への畏敬の念を、こういう形で長い間受け継いできたのですね。
 点灯から20、30分ほどで炎は消えました。思っていたより、最後はあっという間に消えた炎。
 幻想的なひと時でした。

090816_NIKON D700_0042-m.jpg#02
 ニコンD700、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>、200mm、1/160秒、F5、マニュアル露出、ISO4000、WBオート

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009.08.14(金)

090717_NIKON D3_0192-m.jpg

#01
 ニコンD3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、280mm、1/250秒、F5、マニュアル露出、ISO320、WBオート

 かつては付随的な行事だったにもかかわらず、今ではメインとなった山鉾巡行。
 ちょうど梅雨明け直前に当たり、天気が優れないことが多いらしく、この日も一部の山鉾がビニールカバーで覆われていたのが残念でした。

090717_NIKON D3_0106-m.jpg 初めて観る山鉾巡行。場所は、河原町御池の交差点を選びました。
 大きいものでは12トンもの重さがある山鉾が90°方向を転換する「辻廻し」が見られる場所の一つです。

#02 
 ニコンD3、タムロンSP AF28-75mm F/2.8 XR Di、70mm、1/100秒、F5.6、マニュアル露出、ISO200、WBオート

 大きいもので高さ25mもの山鉾が通るため、ところによっては信号機が折り畳めるようになっているそうです。
 沿道のビルの窓にも、観客の姿がありました。

(続く)

090717_NIKON D3_0119-m.jpg#03
 ニコンD3、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、300mm、1/250秒、F5.6、マニュアル露出、ISO250、WBオート

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009.08.13(木)

D70_4933-m.jpg

 帰りが遅い日が続くなどで、更新が少し滞りました。
 祇園祭連載を一休みして、なんと甲子園です。昨日、仕事が休みだったので、高校野球を観て来ました。
D70_4890-m.jpg  夏の大会を観るのは、実に19年ぶりです。まだ子どもだったあの時、初めての甲子園に興奮したのを思い出します。

 甲子園には午後に着き、第3、4試合を観ました。
 第3試合の天理×南砺福野は残念ながらワンサイドゲームに。それでも、双方ともに手抜きのないプレー、そして両校応援席の優れたブラスバンド演奏を楽しみました。
 天理の好機が多く、おなじみの「ワッショイ」を何度も聞きました(笑)

D70_4997-m.jpg 第4試合は、2日連続雨でノーゲームで3度目の試合に臨んだ、高知×如水館。
 途中まで接戦でしたが、後半に高知が突き放しました。
 左翼席で観戦。如水館の左翼手のダイビングキャッチや、レフトに飛び込んだホームランも見られました。

 

D70_4782-m.jpg 甲子園に行く前には、大阪の鶴橋に初めて行き、ランチに焼肉を食べました。
 評判の高い店に行き、期待通り、手ごろな価格でお腹一杯美味しい焼肉を楽しめました。
 鶴橋駅に電車が着いてドアが開いた瞬間に、そこかしこから焼肉の匂いがしてきたのには驚きました(笑)

 

D70_5020-m.jpg さらに、観戦後、梅田で夕食にたこ焼きと焼きカレーうどんを。
 最近ちょっと食べ過ぎで、お腹の具合要注意です。
 スイーツについては、後日書きます(笑)。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009.08.06(木)

D70_3433-m.jpg

#01 
 ニコンD700、タムロンSP AF28-75mm F/2.8 XR Di、55mm、1/80秒、F5、マニュアル露出、ISO1600、WBオート、フラッシュ使用

 宵山の16日の21時過ぎ、各山鉾町の囃子方は、四条寺町にある「四条御旅所」まで囃子を奏でて詣でます。
 奉納を終えた町の囃子方は町へ戻り、ところとごろで町どうしがすれ違います。
 山鉾巡行が行われる翌日の晴天を願う、「日和神楽」です。

D70_3419-m.jpg 囃子方は、鉦や太鼓を付けた屋台車を曳き、横笛などを演奏しながら、まだ見物客でにぎわう四条通を練り歩いていました。

#02 
 ニコンD700、Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF)、20mm、1/80秒、F4.5、マニュアル露出、ISO2500、WBオート、フラッシュ使用

 僕が見たころは、四条御旅所から囃子方のみなさんが次々に戻って来ているところでした。

 山鉾の名を書いた高張提灯がなければ、囃子方の姿がわからなくなるほど、まだ混み合う四条通。
 宵山の夜は更けてゆきました。

(続く)

D70_3454-m.jpg#03
 ニコンD700、シグマ APO 100-300mm F4 EX DG /HSM、170mm、1/125秒、F5、マニュアル露出、ISO5000、WBオート、フラッシュ使用

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009.08.04(火)

日記

 なんと今月1日から、仕事で1ヶ月の出向となり、関西に来ています。
 関西の某所(笑)に一月の居を構え、生まれて初めて、関西に住んでいます。

 京都祇園祭連載が一時中断したのも、それで忙しかったからです。

 大阪を中心に仕事していくことになりそうです。
 先日は神戸に仕事して、ばっちり神戸スイーツも食べて来ましたw

 1ヶ月の「関西人」体験、楽しんで来ます。

| コメント(6) | トラックバック(0)

2009.08.03(月)

D70_3405-m.jpg

#01 
 ニコンD700、Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF)、17mm、1/60秒、F2.8、マニュアル露出、ISO5000、WBオート

 祇園祭の期間中、山鉾が立つ各町の集会所の町家で山鉾の装飾品を展示したり、商家などが家の一部を公開して、家宝の美術品などを展示しています。
 虫干しも兼ねて豪華な屏風を展示することが多いため、「屏風祭」と呼ばれています。

D70_3393-m.jpg  山鉾町によっては、新しいマンションの1Fロビーに装飾品を展示してあるところもありました。
 時代の流れを感じるとともに、この歴史都市において、もっと厳しい景観保護のための規制は必要ではなかったのか?との疑問が乗じます。すでに手遅れですが。

#02 
 ニコンD700、Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF)、25mm、1/60秒、F3.5、マニュアル露出、ISO1600、WBオート

  宵山のこの夜、各通は、山鉾に加えてこの屏風祭を一目見ようとそぞろ歩きする人々で深夜までごった返していました。

(続く)

D70_3415-m.jpg#03 
 ニコンD700、Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF)、17mm、1/60秒、F4.5、マニュアル露出、ISO4000、WBオート

| コメント(0) | トラックバック(0)
Powered by Movable Type 4.2-ja