2009.02.05(木)

「東一」 純米大吟醸

D70_7703-m.jpg

 僕が一番好きな日本酒は、佐賀県嬉野市(旧塩田町)の五町田酒造の「東一」(あずまいち)です。

 この酒に初めて出合ったのは、記憶が正しければ、2003年7月に博多祇園山笠を見に行った時に一人入ったもつ鍋屋ででした。

 それまで全く知らなかった銘柄で、メニューを見ながら、せっかく故郷・福岡にいるのだからお隣の佐賀のお酒にしようと注文したのでした。
 その時、とても美味しかったのを覚えています。

 以来、僕がこよなく愛する酒となっています。
 純米大吟醸でなくてはだめ。いわゆるフルーティな、吟醸香に満ちたお酒です。
 一度純米吟醸を飲んだ時は、何か違うなと思いました。(ちなみに、かつては今の純米大吟醸が純米吟醸と呼ばれていました。何年か前に区分が変わりました)

 仙台に住んでいた時は、手に入らず苦労しました。五町田酒造に電話までして宮城県内の取り扱い店を尋ねました。
 結局、たまに江東区亀戸のはせがわ酒店から通販で購入して飲んでいました。

 今回、そのはせがわ酒店に初めて行って、購入しました。東京でも、取り扱いのある店の中で、そこが一番近いのです。

 一升瓶で5,000円ほど。この美味しさを考えれば高くありません。
 「十四代」(山形)や「飛露喜」(福島)がとんでもない人気で入手困難となっていますが(どちらも飲んだことあるし、美味しかった)、「東一」のほうがうまい。
 絶対に「東一」は大ブームにならないでほしいです。

 「酒」カテゴリは、2年ぶりの記事となりました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hoso0907.com/mt/mt-tb.cgi/512

コメントする

このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 4.2-ja