2009.01.27(火)

麗峰富士を背景に「富士・はやぶさ」が駆ける!

DSC_2514-m.jpg

#01 快走「富士・はやぶさ」
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、280mm、1/1250秒、F6.3、マニュアル露出、ISO200、WBオート

 更新の頻度がとても落ちており、申し訳ないです。
 またまた「富士・はやぶさ」です。
 25日日曜の朝。澄み切った青空の下、自らその名をまとう日本一の名峰を背景に、列車が東京を目指す場面を激写しました。

 空気が澄み、雪化粧した富士の姿がよく見えるこの季節、チャンスをうかがっていました。
 天気予報で日曜の東京周辺がいい天気だというので、気合いを入れて朝6時に起き、行って来ました。
 諸事情により最近睡眠不足で、行くのをやめようかと何度も思いました。「もう一生撮れないぞ」――こう言い聞かせ、やっとの思いで布団から這い出ました。

 東海道本線藤沢―辻堂間の踏切の有名撮影地。同線で、これだけきれいに富士を背景にできるのは、東京からここが一番近いでしょう。それだけに予想通りの混雑でした。
 睡眠不足のせいで、どんなに頑張っても現地到着は08:15頃が精一杯でした。列車通過のほぼ1時間前。
 行く前から、1時間前では手遅れの可能性も十分あると覚悟していました。
 しかし、何とかギリギリあと2人分スペースが空いているという状況。先客の方がローアングルで狙っていた幸運もあり、撮ることができました。
 三脚を広げることなど無理ですから、手持ち撮影です。

 今回、きわめて重要な撮影でしたが、ピント合わせに3Dトラッキングを使うという思い切ったことをしました。
 ニコンD3の同機能は、購入直後に試してみてどうも信頼性がなく「使えない」という評価を下したのですが、今回「富士・はやぶさ」の前に頻繁に通るほかの列車で試写してみたところ、何度撮ってもよくピントが合っていました。
 そこで、初の実戦投入をしてみたのです。
 こういう直線では普通置きピンでいいのですが、今回は富士と列車との位置関係をどこまで近づけるか結構迷ったので、連写との組み合わせで有用でした。

DSC_2540-m.jpg 鉄道撮影のあとは、思い立って横浜在住の友人に電話し、一緒に昼食。
 中華街の「四五六菜館」でカニ炒飯を食べました。うまかったです。

| コメント(2) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hoso0907.com/mt/mt-tb.cgi/509

コメント(2)

こんばんは。
ブルートレインきれいに撮れていますね。
しかし、0系といい、ブルートレインといい、小さかったころからあこがれた列車が引退してゆくというのはやはりさびしいものですね。まあ、時代の流れでやむおえないのかも知れないですが・・・
これからも精力的にがんばってください。!!

>さかもとくん

ありがとう。
さかもとくんもそう思いますか。
日本の鉄道を象徴する存在が姿を消していくのは寂しいね。
可能な範囲で、頑張って撮りに行こうと思うよ。

コメントする

最近のコメント

Hoso: >さかもとくん あり
(麗峰富士を背景に「富士・はやぶさ」が駆ける!)
さかもと: こんばんは。 ブルー
(麗峰富士を背景に「富士・はやぶさ」が駆ける!)
このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 4.2-ja