2008.10.14(火)

人生初の島根県入り、そして

DSC_1424-m.jpg

 最近まで出張に行っていました。その行き先は、島根県と京都府。念のためいっておきますが、僕はNHK大阪の朝ドラ制作スタッフではありません(笑)

  僕にとって生まれて初めての島根県入り。実はこのあと、鳥取県にも入り(後日別記事で書きます)、長年の懸案だった山陰2県の空白を克服しました。
 これでまだ足を踏み入れたことすらない県は、残すところ三重、和歌山、宮崎、鹿児島の4県のみとなりました。宮崎と鹿児島が未だ残っていることは、九州出身者として恥ずかしい限りです。
 今回、山口にも泊まりました。これらにより、「経県値」は一挙に8点アップし、168点となりました(笑)

DSC_1201-m.jpg  今回は、島根県の中でもかなり南西部のほうを訪れました。「だんだん」の舞台の出雲ではなく、石見地方です。
 山口県に近いこのあたりを訪れたとなれば...、僕がとる行動は一つ。ちょうど休日なので走っていた「SLやまぐち号」のC57を撮るしかありません(笑)

 仕事のあと、仕事関係の人が津和野駅まで送ってくださいました。
 時間がないので、津和野観光はまたの機会にしてSLに専念。停車中の様子や、転車台での方向転換、整備の模様をしげしげと見つめて、写真に収めました。
 転車台そばの腕木式信号機が泣かせますねw

  客車からの切り離しのあと、転車台に向かうため「ポッ」と汽笛を鳴らして駅構内を走るシーンだけですでに興奮(笑)
 やはりいいですねー、SLは。

DSC_1238-m.jpg  もちろん、旅客運転しているところを撮ろうと、SLの出発より一足早く津和野駅をあとにしました。
 いつもなら事前に綿密にダイヤ、地図、太陽の方向まで調べて撮影に臨むところですが、今回は出張のついででその余裕がなかったため、ぶっつけ本番の撮影。
 駅前の観光ボランティアのお年寄りの方々に「いいところありますかね」と聞いてみたところ、「長門峡がいい」とおっしゃるので、そこをめざすことにしました。鉄道撮影のポイントを人に聞くなんて初めてでした(笑)

 ところが! 列車に乗って、次が長門峡駅ということろでちょっと目をつぶったら寝過ごし(笑)、その次の篠目駅であわてて降りました。
 篠目駅がどういう駅かということをほとんど知らず、ええい!と降りたのですが、ここはSL時代の給水塔を残す駅。実は山口線SL撮影に欠かせないワンシーンなのでした。
 何年か前のドラマ「砂の器」でも撮影に使われた駅です。
 こういう話はうっすらと知ってはいましたが、すっかり忘れていました。寝過ごしたものの、怪我の功名となりました。

DSC_1328-m.jpg  篠目駅の近くでカメラを構えて約1時間待つと、汽笛の音が山にこだまして響いてきました。
 鳥肌が立つほどしびれる瞬間です。SLの撮影は、2005年の磐越西線以来3年ぶりでした。

 脇の給水塔や腕木式信号機も何とか入れつつ、駅の発車シーンを撮りました(トップの写真)。
 もうもうと立ち上がる煙が、迫力でした。

| コメント(2) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hoso0907.com/mt/mt-tb.cgi/495

コメント(2)

 写真上達したなぁ・・・本当だよ
 あたしがカメラ持った頃は、フィルム代にも事欠く赤貧時代。高校の暗室で勝手に焼いていたものです。
 今はデジカから入る人が当たり前。
 「必殺のタイミング」「偶然の傑作」という不確定要素がどんどん失われていくのが寂しい反面、あなたのようにどんどんと上達していく方を見るのがうれしいね。

ありがとう。
「必殺のタイミング」「偶然の傑作」という要素は、デジタル時代になっても一応は不変のものでは?
確かに、フィルムを気にせずショットし続けられるようになると、「必殺」に賭ける気合いが違ってくるかもしれない。
でも、撮れる写真のクオリティは、結局「ここだ!」というタイミングに規定されるものだから、この点はデジタルでも同じように思うな。

コメントする

最近のコメント

Hoso: ありがとう。 「必殺
(人生初の島根県入り、そして)
heppoko:  写真上達したなぁ・
(人生初の島根県入り、そして)
このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 4.2-ja