2008年9月アーカイブ

2008.09.27(土)

お菓子][福岡

D70_2607-m.jpg

 先週、福岡に出張してきました。
 もちろん、仕事だけで東京に戻るなどという愚行をするわけがありません(笑)
 今回は、福岡のスイーツを楽しもうと思いました。

 18日、仕事を終えたあとに、いざケーキ屋さんへ。
 この前博多祇園山笠を見に行った時に書店で買った、「福岡 とってもおいしいケーキ屋さん」というガイドブックを頼りに、おいしそうでかつ店内で食べられる店を選んで、期待を胸に天神からバスに乗りました。

 少食の僕ですが、めったにない機会だからこの日は2軒行こうという気持ちで、南薬院というところでバスを降りて1軒目の店の前に行くと...。
 「移転のため閉店」の貼り紙(笑)
 「うーん、しかたない。こんなこともある...」

D70_2604-m.jpg すると、道すがら電柱に「あやこさんちの浄水通りプリン」という貼り紙広告が(笑)
 よくわからないけど、ケーキにありつけなかったことだし、転んでもただでは起きぬとばかり、その店へ。
 洋品店なのに、手作りプリンを販売しているという変わった店でした。
 230円のカスタードプリンは、なかなかの味。でも、わざわざ取り寄せるほどではないかな。

 バスで戻り、今度は渡辺通というところのキャラメル味を売りにしている店へ。
 ところが、その店が入っているはずの商業ビルに行くと、フロアガイドに名前がない...。
 あせり、携帯で調べてみると、「移転」...。

 いずれの店も、この本の出版後に移転したのでしかたないとはいえ、この本を買ったのはちょっと損した気分です(笑)

D70_2610-m.jpg 3軒目にしてようやくケーキにありついたのが、写真を掲載している、「オ・デリス」という店。フランス人パティシエが福岡で開いた店です。
 薬院駅の近く。渡辺通から歩いて行きました。

 ケーキをはしごできなかった悔しさで、2品注文(笑)
 桃を使ったロールケーキと、シフォンケーキです。
 どちらも、優しい甘さと食感で、とても美味しい。また来たいと思いました。

 ただ、この店は甘さ控えめが特徴。クッキーなどの焼き菓子も買い、美味しければ紹介しようと思っていましたが、こちらは全体的に甘さを抑え過ぎ。
 ちょっと度を越した「甘さ控えめ」だったので、残念ながらおすすめできません。こちらはケーキがいいようです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008.09.20(土)

D70_2126-m.jpg

#01
 ニコンD700、タムロンSP AF28-75mm F/2.8 XR Di、62mm、1/80秒、F5.6、マニュアル露出、ISO640、WBオート

 また日付が遅れての更新。12~14日に、地元亀有の香取神社の例大祭がありました。
 小学生の頃、亀有のすぐ近くに住んでいましたが、この祭りというと神社境内の出店しか記憶に残っていません(笑)

 この祭りを少しだけ撮ってきました。
 12日はもちろん、13日の土曜も仕事なので見られたのは14日の日曜だけ。
 土曜の夜は小学校の同級生から呼び出されて、22時スタートの飲み会(笑)。地元亀有近辺に住んでいる人たちで集まりました。

D70_2136-m.jpg#02
 ニコンD700、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>、200mm、1/80秒、F5.6、マニュアル露出、ISO640、WBオート

 忙しくて書けなかったのですが、8月上旬に卒業して初めて小学校の同窓会が開かれました。
 それが盛り上がって、その後も同級生で飲む機会が何度かあります。
 で、13日夜の飲み会の影響か、14日はぐたぐだ。午前中に一度目覚めると、外から神輿の掛け声が聞こえましたが、気力不足でそのまま布団で身動きせず(笑)
 結局14時過ぎに起きて、シャワー、食事をして夕方にのそのそと祭りを見に外出しました。

 亀有の各町域の神輿が集まってきて、香取神社に宮入するという祭りの最終場面を見るのがやっとでした。
 若い人たちも多く参加していて、なかなか活気を感じました。

D70_2144-m.jpg#03
 ニコンD700、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>、86mm、1/80秒、F5.6、マニュアル露出、ISO640、WBオート

 商店街では、前夜の飲み会で顔を合わせたばかりの女友達とばったり。
 その後、やはり飲み会で一緒だった別の女友達や男友達とも亀有駅前で会いました。

 さらに別の女友達も加わり、彼女たちの元気な子どもたちでとてもにぎやかになりました。
 例によって写真を撮ってあげたら、予想通り高感度の画質に驚かれました(笑)

 昨年仙台から東京に戻る時の家探しで、家賃の相場で自然とこのへんのエリアになったのですがw、子どもの頃から親しんだ亀有を選んでよかったなあと思いました。
 教室で机を並べた友達と気軽に会って酒を飲むのは楽しいものだと思いました。

D70_2300-m.jpg#04
 ニコンD700、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>、200mm、1/80秒、F5.6、マニュアル露出、ISO640、WBオート

 この日は自転車で移動(笑)
 そのため、D700と標準+望遠レンズの2本とフラッシュ、カメラマンベスト、脚立という「軽装」wで出撃しました。


 そこで感じた、D700とD3のわずかな差。それは、AFでした。
 初めてD700だけで祭りを撮ったのですが、神輿を担いでいる人にAFがついていかないことが多く、明らかにD3との性能差を感じました。

D70_2395-m.jpg#05
 ニコンD700、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>、105mm、1/160秒、F5、マニュアル露出、ISO5000、WBオート

 D700とD3はまったく同じAFセンサーが使われており、AF性能はまったく同等かと思いきや、ネットで調べたところでは、AFモーターの性能の差がAF速度と精度の差となって表れるようです。
 また、今回使った望遠レンズが、超音波モーターではなかったことも大きいと思われます。
 一度D3を使うと、ほかのカメラがすべて不満に感じてしまうのが悪いところです(笑)

| コメント(2) | トラックバック(0)

2008.09.13(土)

DSC_0805-m.jpg

 まだ日付遅れの記事が続きます。

 8月30日、初めて浅草のサンバを見てきました。
 各地で豪雨が相次ぎ、東京周辺も不安定な天気が続いていました。
 南越谷阿波踊りでずぶ濡れになった教訓も踏まえて、それなりの準備はして行ったのですが...。

#01
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、250mm、1/320秒、F5、マニュアル露出、ISO2500、WBオート

 まず驚いたのがその混雑ぶり。
 気合い不足で遅く起床し、浅草に着いたのはパレードがすでに始まってから30分近くたった頃。
 沿道は十重二十重の人垣ができていました。コースに沿って歩くことそのものが大変な状態。高円寺もそうでした。

DSC_0880-m.jpg#02
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、185mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO400、WBオート、フラッシュ使用

 撮影はおろか、見るのもままならない状況なので、時間をかけて前をめざすことを覚悟(笑)
 少しでもすいてそうな人垣の最後列に加わり、しばらくカメラはバッグにしまったまま立ち見を続けました。

 1時間半かけてやっと前から2列目まで到達し、撮影しました。
 ところが、ものすごい勢いの豪雨が何度も襲い、大苦戦しました。

 今まであまり記憶にないくらい激しい雨。
 踊り子たちは踊り続けるものの、背中の羽根の飾りが水に濡れるといけないらしく、羽根なしで踊るシーンも。
 音響機材がトラブルを起こしたのか、音楽なしで演技しているチームもありました。

 僕は折りたたみ傘を差し、レインコートを着て、靴も鉄道撮影にいつもはいていく防水のしっかりしたものを着用。
 D700はやっぱりこわいからバッグにしまったままにし、バッグにレインカバーをかけました。
 D3といえども、こんな豪雨ではまずいのでレインコートをかけて、一応できることはやって撮影に臨んだものの...。
 観客が傘を差して見にくくなったこと、雨粒のせいでAFや写りに少し影響が出たこと、カメラ1台体制を強いられ、レンズ交換もできなかったこと、レインカバーをかけたことでカメラとレンズの操作がとてもしにくくなったことにより、撮影は非常に芳しくない結果に終わりました。
 そもそも来るのが遅くて場所が確保できなかったことが一番大きいかもしれませんが(笑)

DSC_0792-m.jpg#03
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、150mm、1/320秒、F5、マニュアル露出、ISO2500、WBオート

  一部観客のマナーの悪さも気になりました。
 歩道と車道の境の白線からはみ出さないで観覧してくださいとパレードのスタッフが何度注意して回っても、完全に無視している連中が近くに何人もいました。
 そいつらが大きなかたまりとなってはみ出しているせいで撮影のじゃまになったことはいうまでもありませんが、あとから来る観客もそいつらが前に出ているのを見て、同じように前へ前へと出てしまい、ルールを守って観覧している人たちが馬鹿を見るという状況になっていました。

DSC_0894-m.jpg#04
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、150mm、1/50秒、F4、マニュアル露出、ISO400、WBオート、フラッシュ使用

 マナーの悪い観客に多数のアマチュアカメラマンが含まれていたことについて、ふれないわけにはいきません。
 最前列で白線をはみ出していた連中の多くが、デシタル一眼レフで撮影していました。
 キヤノン40Dや、僕と同じニコンD3をもったやつもいました。
 スタッフの注意も無視して撮影して何が楽しいのか。こういう連中のせいでカメラを趣味にしている人全体が誤解された大迷惑です。
 お前ら、同じカメラマンとして恥ずかしいからカメラ捨てろよ。

DSC_0956-m.jpg#05
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、100mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO400、WBオート、フラッシュ使用

 こういう客層の悪さ、マナーの悪さは高円寺や南越谷でも感じました。
 今まで東北の有名な夏祭りや四国、九州の有名な祭りを撮影してきましたが、東京の祭りでは飛び抜けてマナーの悪さを感じます。
 今までの僕の経験に限っていえば、地方と歴然とした差を感じます。

 肝心のサンバそのものは、本場ブラジルから招待した(?)ダンサーたちは、激しいステップでなかなか魅せる踊りをしていました。
 ただ、レベルの高いダンサーは全体のごく少数であり、技量の差は激しいものがありました。
 サンバについて僕はまったく知りませんが、今回見た限りでは、個人技そのものであり、集団の美というものはありません。
 好みの問題ですが、僕は個性を発揮しつつ、集団の美を見せる祭りのほうが好きです。

DSC_1045-m.jpg#06
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、185mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO400、WBオート、フラッシュ使用

 とにかくすごい混雑で、いい場所で見るには1~2時間前から場所取りが必要でしょう。
 得られる楽しみに対してかかる労力が大きいイベントといえます。
 昨年秋の浅草酉の市以来、いつも驚くことですが、東京の祭り・行事は混雑がひどくて見られたものじゃないということです。

 なお、雨対策にもかかわらず、上から水が入ったことで靴の中もすぶ濡れ。レインコートも丈が不十分で、下半身はほぼずぶ濡れ。
 カメラバッグのレインカバーによる防水も不十分なようで、中にかなり浸水しており、機材は何とか大丈夫でしたが、バッグは乾くまで数日かかりました。
 今後の雨対策を練り直さなくては...。

| コメント(2) | トラックバック(0)

2008.09.12(金)

D70_2065-m.jpg

 カメラで遊んでみました(笑)
 ニコンD700の超高感度で、夜に近所の黒猫を撮りました。

#01 闇夜の黒猫
ニコンD700、タムロンSP AF28-75mm F/2.8 XR Di、62mm、1/50秒、F2.8、マニュアル露出、マニュアルフォーカス、ISO6400に対して1段増感、WBオート、トリミング

 少し離れたところにある街灯の明かりだけが頼りで、D700といえどさすがに厳しい条件。
 しかも、被写体は黒猫(笑)
 ISO6400からさらに1段増感してやっと、姿が浮かび上がりました。
 しかも、CaptureNX2での現像時にさらに持ち上げています。
 難条件のためAFも効かないので、フォーカスもマニュアルでした。

 それでも、これだけ撮れたらたいしたものです。
 以前はこんな写真を撮ることは不可能でした。まさに、ニコンは写真を変えました。

 当然、ノイジーですが、それでもD2HのISO1000よりきれいかもしれません...。
 本当です。過去に自分が撮ったD2Hの写真と見比べました。

 この黒猫、飼い猫のようで、自分から僕に寄ってきて体も触らせてくれました。
 それなら、50mm F1.4が使えるので、もう少しまともな写真が撮れそうです。

D70_2073-m.jpg#02 飛び降りる
ニコンD700、タムロンSP AF28-75mm F/2.8 XR Di、52mm、1/50秒、F2.8、マニュアル露出、ISO4000、WBオート

 その後、すぐそばの民家の塀から白い猫が飛び降りる瞬間に遭遇し、とっさに撮りました。
 とっさだったので構図に難がありますが。
 こちらは街灯が近く明るかったので、ISO4000。ノイジーさがまったくといっていいほどない...。
 ほんと、恐ろしいカメラだ...。

 いつも、一つの記事を書くのに1時間くらいかかってしまうのですが、今夜は適当(笑)
 もう少し、ブログを気楽に書いてもいいかもしれませんね。

| コメント(2) | トラックバック(0)

2008.09.08(月)

DSC_0598-m.jpg

 今度は再び阿波踊りの写真です。
 といっても、徳島ではなく、8月24日に埼玉県越谷市で行われた「第24回南越谷阿波踊り」です。

#01 ゑびす連
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、112mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO250、WBオート、フラッシュ使用

 20年以上前に徳島出身の事業家が提案して始めたそうです。
 越谷にもいくつもの連があって、鳴り物の音色と掛け声とともに踊り込んでいました。

 越谷だけでなく、埼玉、東京、千葉、神奈川、茨城からもいくつかの連が参加していました。
 僕は徳島以外の阿波踊りを見たのは今年が初めてで、関東にこんなにたくさんの阿波踊りの連があるとは知りませんでした。

 実は前日の23日の夜、杉並区高円寺の阿波踊りも見に行きました。そちらはなんと今年で52回を数えます。
 しかし、すさまじい混雑。夕方まで原宿のスーパーよさこいを見てから行ったところ、すでに沿道は立錐の余地もない状態(笑)
 写真は撮れませんでした。

 一方、こちらの南越谷は雨のせいとはいえ、とても観客が少なく(笑)、実にまったりと踊りを見ることができます。

DSC_0121-m.jpg#02 阿波踊り飛舞枝
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、270mm、1/250秒、F5、マニュアル露出、ISO2000、WBオート

 踊りのほうも各連なかなか懸命に頑張っており、それなりに楽しめます。
 武蔵野線の南越谷駅、東武伊勢崎線の新越谷駅周辺に4つの演舞場があります。
 駅から最も近いメインストリートの演舞場は人垣もできてそこそこの混雑でしたが、駅から少しだけ離れた演舞場はとても人が少なく(笑)、見るほうとしては助かります。
 雨のせいもあるのでしょうが、踊りが始まる時間の5分前になっても、沿道にいる人はまばらでw、アパートから出てくる人がちらほらいる程度。「近所の盆踊り」といった感じでした(笑)

DSC_0165-m.jpg#03 かかし連
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、300mm、1/250秒、F5、マニュアル露出、ISO2500、WBオート、トリミング

 この日は踊りが始まってから間もなく、雨が強くなりました。
 写真を見てもわかるように、降りしきる雨の中、踊り子たちは濡れながらの演舞となりました。

 この南越谷阿波踊りには、徳島から有名連がゲスト出演していました。
 今年は、ゑびす連、阿呆連、水玉連でした。

 いずれも実力と人気を兼ね備えた連。特にゑびす連は、僕が今年徳島で見たかった連の一つですが、あちらでは見られずじまいでした。
 埼玉で見られるとは思っていませんでした(笑)
 こんなに観客が少ないところにあのゑびす連が踊っている様子はシュールでさえありました(笑)
 ページのトップに載せた写真がゑびす連です。ゑびす連の踊りは非常にレベルが高いと実感しました。今度は絶対に徳島で見たい。

DSC_0372-m.jpg#04 阿呆連
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、120mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO200、WBオート、フラッシュ使用

 雨は強く降り、撮影は大苦戦。
 防滴性能の高いD3といえども危険なので、あらかじめ用意していた防水カバーをつけました。そのため、操作がしづらくなり、レンズ交換もできなくなりました。
 同時に持っていったD700に至っては、防滴性能が劣るので怖くてまったく使いませんでした。

 レインコートを着ましたが、下半身がびしょ濡れになり、19:00過ぎ、終わりまで2時間も残して撤退しました。
 もっと、ものすごく丈の長いレインコートってないのでしょうか。ずっと探しているのですが、ありません。ゴミ袋でも張って継ぎ足すしかないかな(笑)

DSC_0153-m.jpg#05 けやき連
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、195mm、1/250秒、F5、マニュアル露出、ISO2000、WBオート

 南越谷は僕の自宅からもわりと近く(笑)、気軽に行けるのが魅力です。
 そしてこの観客の少なさ。穴場といえるかもしれません。
 高円寺は、ごく一部の連はなかなかレベルの高い踊りを見せましたが、とにかく見るために払う労力が大き過ぎます。
 駅と会場との間の道は厳しく通行制限され、歩行者すら一方通行とされていたのには驚きました。

 3つの阿波踊りを見ての結論としては、旅費をかけてでも、阿波踊りは絶対に徳島で見なければならないと思いました。

| コメント(2) | トラックバック(0)

2008.09.07(日)

D70_1769-m.jpg

 また一つ年を重ねました。
 しかし、外見はかなり若いといわれることが多いです。
 「年相応に見えるほうがいいと思う」との声もあり。やはり、中身の子どもっぽさが外見にも表れているのだと思います(^^;

 今日はあまり特別なことはなく(笑)、自分へのお祝いwに、デパートで大阪の「銀装」のカステラを買って来ました(笑)
 なんとなく、「久しく食べてないなあ」と思いついたので。ほかにクッキーやマドレーヌも買いました(笑)

 長崎の福砂屋のほうが好きかなとは思いますが、これはこれで美味です。

 原宿のスーパーよさこいの記事を更新している間に、ブログのカウンターが40000を超えました。
 それを確認して数日の間に、さらに500以上増えていますが。
 2006年秋に、それまで僕のサイト「Hoso's page」のトップページに書いていた日記のようなものをブログ化しました。
 昨年の記事を読むと、07年7月にそのカウンタが10000に達したことがわかります。そんなこと忘れてました(笑)

 そう考えると、アクセス数が実は飛躍的に伸びていることがわかります。まったく意識していませんでした。
 だいいち、今回はたまたま気付いたものの、20000や30000はいつだったのか、まったくわかりません(笑)

 ほとんどアクセスログ解析はやっていないのですが、ブログ検索での閲覧がほとんどのようです。
 写真や鉄道関連の検索語句が多いです。
 検索語句を見ると、なかなか面白いものも。そんなネタにふれることも、いつかの機会にしてみたいですが。

 ともあれ、みなさん、これからもよろしくお願いします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC_9615-m.jpg

 24日のスーパーよさこいの模様の最終回です。本場・高知の時より1回長い連載になってしまいました。

#01 Art Wave
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、120mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO250、WBオート、フラッシュ使用、トリミング

 締めは、やはり高知のチーム、Art Waveのみなさん。
 とってもcoolなお姉さんwたち。絵になります。

 Art Waveというのは高知市のウィンタースポーツのお店のようですが、詳しくはよくわかりません。
 今年の高知のよさこいで初めて見て、その独特の世界が印象に残りました。

DSC_9641-m.jpg#02 Art Wave
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、220mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO250、WBオート、フラッシュ使用、トリミング

 妖艶、といえばいいのでしょうか。表参道の街並みにもマッチしています。
 長い鳴子も特徴的ですね。

 このスーパーよさこいは、今回初めて見ましたが、見るのにいくつか難点はあるとはいえ、高知の人気チームが大挙参加していることもあってなかなか見ごたえはあります。
 特に表参道は、演舞する距離が長く、観客が分散して比較的見やすいのでおすすめです。写真を撮るとしたら断然ここでしょう。

DSC_9656-m.jpg#03 Art Wave
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、135mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO250、WBオート、フラッシュ使用、トリミング

 ここまでほぼ一ヶ月、四国一色となった感のあるブログですが、あともう1回くらい四国ネタが続くかも(笑)
 異例なことです。
 もちろん、祭り好きとしては、今後は関東の祭りにも色々行ってみたいと思っています。

DSC_9686-m.jpg#04 Art Wave
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、240mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO250、WBオート、フラッシュ使用、トリミング

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008.09.06(土)

DSC_0040-m.jpg

#01 京町・新京橋 ゑびす・しばてん連
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、240mm、1/40秒、F5、マニュアル露出、ISO200、WBオート、フラッシュ使用

 引き続き、24日のスーパーよさこい、表参道の模様です。決してわざとじゃないんですが、オール高知チームです。すみません。

DSC_9304-m.jpg #02 十人十彩
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、135mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO250、WBオート、フラッシュ使用、トリミング

 表参道は長い通りを踊り手たちが踊りながら歩き、沿道から結構近く見ることができます。
 通りの長さでは本場の高知をはるかに凌ぎますし、なかなかよいみどころです。
 しかし、一言いっておかなければならないのは、祭りを通じての公式カメラマンたちのあまりの鬱陶しさ。

DSC_9240-m.jpg #03 十人十彩
 ニコンD3、Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF)、20mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO250、WBオート、フラッシュ使用

 踊っているチームの先頭部分の先に、カメラを抱えた男性、女性スタッフが5人も6人もうろうろして撮影しているのです。
 全員、番号入りのオレンジのゼッケンを着用しています。体育でバスケでもやるみたいですw
 ゼッケンはともかく、寄ってたかって6人ものカメラマンたちが踊り手たちの前方に群がっている光景は、異常。

 しかも、ロープロのステルスリポーターとか、黒くて大きなショルダーバッグを肩から提げて(笑)。観客から見られる場所で撮影するのだから、少しでも目障りにならないように気を遣うべきだと思いますが、そういう意識はゼロでした。

 僕も、彼らが大人数で長々と踊り手たちの前に居座り続けるせいで、相当シャッターチャンスを奪われ、少しイライラしました。
 あまりにひどいので、何度かカメラマンを睨みつけて「お前らはじゃまだ」光線を発しましたが、効果はあったかどうか(笑)

DSC_9758-m.jpg#04 国士舞双
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、170mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO250、WBオート、フラッシュ使用

 いうまでもなく、祭りを記録し、その魅力を発信するために公式カメラマンは必要です。

 しかし、はっきりいわせてもらえれば、踊り手の真正面から撮るという権限を与え、あれだけの人数のカメラマンを投入しているのだから、もう少しクオリティの高い写真を撮ってほしい。
 スーパーよさこいの公式サイトで、昨年のフォトレポートが見られますが、全体的にいまひとつ。
 さらに、同サイトのトップページからバナーリンクが張られている、祭りの写真を販売している「ヨイショット」なるサイトでは今回のスーパーよさこいの写真がチームごとに多数公開され、販売されていますが、構図や表情以前に、目つぶりや顔が隠れている写真まで売り物として公開されていて、驚きます(笑)
 きっと、数をこなすのに大変だったんだろうとは思いますが、ちょっと目に余るものがあります。

DSC_9898-m.jpg #05 ほにや
 ニコンD3、Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF)、32mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO250、WBオート、フラッシュ使用

 スーパーよさこいの事務局には、カメラマンが目障りな問題について要望のメールを出すことにします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 拙ブログ「日々雑感」をいつもご覧いただき、ありがとうございます。

 祭りや行事の写真を載せた記事が増大してきたことにより、「旅・街歩き」カテゴリから、「祭り・行事」なるカテゴリを独立させました。

 祭りの記事は旅先でのものも多いので、「旅・街歩き」カテゴリの中にとどめておくか、そのサブカテゴリとすることも検討しました。
 しかし、祭りの記事があまりに増えているので、読む側からすればこのまま「旅・街歩き」カテゴリが肥大化していくと、祭りの記事を読むにも、それ以外の旅の記事を読むにも、不便だと思いました。

 旅先の祭りの記事であっても、思い切ってすべて「祭り・行事」カテゴリに移してしまいました。
 このほうがすっきりしていると思います。

 今日の時点で、33もの記事を引き連れて「祭り・行事」カテゴリが旗揚げしたため、「旅・街歩き」カテゴリは42に激減し、直前には74もあった勢力が小さくなりました(笑)
 このままいけば「鉄道」カテゴリを抜いてしまうのではないかと、僕自身も最近ハラハラwしていました。

 僕の写真趣味の傾向からして、「日記」という抽象的なカテゴリを除けば、今後、鉄道と祭りが二大勢力になっていきそうです。
 もう少し「ネコ」も頑張らないといけませんね(笑)
 下町の猫を撮り歩くかな。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008.09.03(水)

DSC_9458-m.jpg

#01 帯屋町筋
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、380mm、1/50秒、F5.6、マニュアル露出、ISO250、WBオート、×1.4テレコン使用、フラッシュ使用(発光せず)

 24日のスーパーよさこい2日目では、表参道が流し踊りのストリートとなりました。
 代々木公園入口やNHK前とは比べ物にならないスケールで、見ごたえがありました。
 しかも、開始30分ほど前でも余裕で沿道最前列を確保でき、撮影もしやすい条件でした。

DSC_9441-m.jpg #02 帯屋町筋
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、340mm、1/50秒、F5.6、マニュアル露出、ISO250、WBオート、×1.4テレコン使用、フラッシュ使用

 確かに、高知のチームは好きなので登場時刻も事前に調べてマークはしていました。でも、写真は関東などのチームも含めてまんべんなく撮ったつもりです。
 それでもやっぱり、ここに載せようとすると高知のチームばかりになってしまいました。

 この帯屋町筋は、高知市中心部の最も大きな商店街のチーム。よさこい祭りに最も古くから参加しています。
 これが1つの商店街のチームなのかと驚くばかりのハイレベルな踊りです。

DSC_9451-m.jpg #03 帯屋町筋
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、340mm、1/50秒、F5.6、マニュアル露出、ISO250、WBオート、×1.4テレコン使用、フラッシュ使用

 女優の広末涼子がまさにこの出身で、毎年よさこいを踊りに帰郷しているというのです。もちろん、「帯筋」の衣装を着て、です。
 高知のよさこいが終わってからそのことを知りました。今度は、彼女が踊るといわれる初日を狙ってみるかな(笑)

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008.09.01(月)

DSC_8041-m.jpg

#01 ほにや
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、420mm、1/320秒、F5.6、マニュアル露出、ISO1250、WBオート、×1.4テレコン使用

 高知・徳島の観光大使と化しているHosoです。どうもw
 ようやく四国旅行の報告が終わったと思ったら、またよさこいの写真です。
 8月23、24日に東京は原宿と表参道で開かれた「スーパーよさこい」の模様です。例によって、日付はずいぶん遅れてのUPです。

DSC_8136-m.jpg#02 ほにや
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、420mm、1/320秒、F5.6、マニュアル露出、ISO1250、WBオート、×1.4テレコン使用

 原宿でよさこいをやっているということは、何年か前に駅のポスターでちらと見て知りましたが、行ったのは初めて。
 原宿駅や代々木公園周辺にいくつかのステージや、踊り流すストリートがつくられました。

D70_1715-m.jpg#03 早稲田大学〝踊り侍〟
 ニコンD700、タムロンSP AF28-75mm F/2.8 XR Di、32mm、1/320秒、F4、マニュアル露出、ISO800、WBオート

 23日に見たときは、やはりよさこいを見るなら高知でかなあという感想でした。
 代々木公園入口広場という、ストリートにしては非常に短いエリアは、人垣で見づらいし、何よりストリートとしては短過ぎて中途半端。植え込みがあって踊り手を間近で見られないところもありました。

 もはやサイドの最前列には入れないので、終端の踊り手の出口部分に何とか入り込みました。踊りが終わるたびに道を開ける必要がありますが。
 そこからテレコンも使って超望遠で撮ったのが、ほにやの写真です。
 そう、高知の有名チームも10チーム以上参加しているのです。

DSC_8294-m.jpg#04 京町・新京橋 ゑびす・しばてん連
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、150mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO400、WBオート、フラッシュ使用

 つい先日、本場の高知で見てきた、「ほにや」や「ゑびしば」の踊りを原宿で見たのでした(笑)
 出場チームの圧倒的多数は関東地方なのに、ブログに載せられるような写真は、ことごとく高知チームを撮ったものばかりになってしまいました。
 今日掲載した中では早稲田大学のチームが唯一、関東のチームです。

DSC_8317-m.jpg#05 京町・新京橋 ゑびす・しばてん連
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、150mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO400、WBオート、フラッシュ使用

 京町・新京橋 ゑびす・しばてん連の最後尾にはまだ幼い美少女の姿が。
 ぜひ、「ゑびしば」の将来を背負ってほしいものです(笑)

 ここは東京なんだけど、「十人十彩」や「とらっく」の踊りもばっちり鑑賞(笑)

DSC_8462-m.jpg#06 十人十彩
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、210mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO320、WBオート、フラッシュ使用

 でもやはり、ほにやの完成度の高さには舌を巻きます。
 衣装、振り付け、音楽、どれをとってもハイセンス。
 「ほにや・ハイカラ・パラダイス」と題して、レトロなメロディーラインに文語調混じりの歌詞。ジャズだけど琴も入って、なんとも「ハイカラ」です。

DSC_8578-m.jpg#07 とらっく(〈社〉高知県トラック協会)
 ニコンD3、シグマAPO 100-300mm F4 EX DG /HSM、125mm、1/50秒、F5、マニュアル露出、ISO320、WBオート、フラッシュ使用

 息もぴったり。扇子と鳴子を素早く持ち替える動作もきまってるし、かっこいい踊りです。
 こんなにすごい踊りをやって、来年はどうするのかと心配するほどです(笑)

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近のコメント

村長: 牛深のチロリン村の村
(ふるさとの南風(はえ)に吹かれて―2012 牛深ハイヤ(1))
げんぞう: 祝7周年!
(儚き幻灯の夜―2011 山鹿灯籠(6))
やってぃー: はじめまして。 いろ
(天水が舞う国―2011 阿波踊り(7))
Hoso: お疲れさま。ツヨホン
(2011年 小町まつり・宵祭)
Hoso: ぜひ拝見させていただ
(583「はつかり」復活!)
このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 5.13-ja