2008年5月アーカイブ

2008.05.02(金)

鉄道

DSC_7377.jpg

 出張で尼崎へ、となればこの場所を訪れないわけにはいきません。4/29の夕方、仕事を合えたあとJR尼崎駅近くの生花店で用意した花束を持ってJR福知山線の脱線事故現場を訪れました。2006年9月以来二度目のことです。

 献花台にはとてもたくさんの花束とともに、寄せ書きや亡くなった方が好きだったのであろうお酒やお菓子など、それにテニスラケットなどがありました。
 僕のすぐあとには若い男女4人が焼香に。同級生を事故で失ったのでしょうか。

 僕も焼香しましたが、置いてあったライターの使い方がわからず、常駐しているJR西日本社員に尋ねました。
 2年前もそうでしたが、ここにいる社員は献花する人が訪れると深々と頭を下げ、長い間頭を上げようとしません。
 僕に対してその男性社員は「申し訳ありません」と何度も謝りながらライターの使い方を教えてくれました。

 その社員には事故の責任などないでしょう。悪いのはJR西日本の経営陣、さらにいえば財界、政府、国鉄民営化や新自由主義的政策に賛成してきたすべての政党です。
 JR西日本は加害者なのでほとんど報道で取り上げられないことですが、遺族担当となった社員をはじめ、事故がJR西日本の社員たちにもたらしたストレスはいかばかりでしょうか。
 おそらく、メンタルヘルス不全などが広がったのではないかと想像します。このことは事故直後からずっと気になっています。

 最大の被害者はもちろん乗客とその家族、知人たち、そしてすべての利用者ですが、まじめに働いてきたにもかかわらず批判の目にさらされてきた社員たちの気の毒です。
 僕も献花場でねぎらいの言葉でも一言かければよかった、とあとになって思いました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008.05.01(木)

DSC_7190.jpg

 4/28~29の二日、兵庫の伊丹と尼崎に出張してきました。
 関西への出張というのはおそらく初めてです。僕が関西に行ってただで帰ってくるわけがありません(笑)
 仕事の空いた時間に様々なスケジュールをこなすのが大変でした(笑)

 まず新幹線で新大阪に着いたら、真っ先に地下鉄で道頓堀へ(笑)
 大阪の顔、「くいだおれ」のくいだおれ太郎にお別れをしてきました。
 7月に同店が閉店するというニュースは大阪を揺るがしています。

 閉店後の人形を買い取ろうと、通天閣、同店創業者の出身地の兵庫県香美町(旧香住町)が名乗りを上げ、さらには阪神タイガース球団社長まで「誘致検討」をこぼす…。
 最近は道頓堀の企業などが買い取りのためのファンドを設立したとか。

DSC_7215.jpg

 太郎の行き先はともかく、店の閉店は間違いないことなので、今の太郎の姿を見られるのは7月まで。
 その姿を目に焼き付けるべく店の前に行くと…、平日昼間でも結構な人だかり。太郎の横に並んで記念撮影する人がひっきりなしでした。

 ほとんどの人が携帯かコンパクトデシカメで撮っている中、スーツ姿の僕はD3でレンズを交換しながら様々な角度から太郎を激写しまくり(笑)

 店のCMソングとともに首を左右に振り、小太鼓を叩く麗姿wを飽きるほど見て、道頓堀をあとにしました。

DSC_7250.jpg  その日の夜は、大阪近辺の阪神タイガースファン(特に和田豊ファン)仲間と久々の再会。酒席で盛り上がりました。

 このブログに時々コメントしてくれるくろまめさんと2年ぶりに、そのほかのみなさんとは実に5年ぶり、あの熱狂の2003年に知り合って以来の再会となりました。
 飲んだ店は日本一短い商店街という肥後橋商店街にありました。主人がまだ若く、赤星そっくりというおまけつきでした(笑)。

 兵庫出張の話はまだ続きます。

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近のコメント

冨田なおき: Hosoさん、初めて
(戦場のような日常)
Hoso: お返事遅くなり、失礼
(情熱の祭り・阿波踊りに魅せられて(11・終))
仙台mother : 連続のUPありがとう
(情熱の祭り・阿波踊りに魅せられて(11・終))
Hoso: ありがとう。 そう、
(情熱の祭り・阿波踊りに魅せられて(2))
つよぽん: リニューアルごくろう
(情熱の祭り・阿波踊りに魅せられて(2))
Powered by Movable Type 4.2-ja