2008.02.26(火)

旧東海道・有松にて

DSC_4380.jpg

 2回目のほうの愛知出張では、豊明市というところで一泊して翌日の午前中時間が空いたので、少し散策してきました。

 まず、桶狭間の戦いの古戦場跡へ。
 戦いが繰り広げられた当時の桶狭間山があった場所は、現在の豊明市と名古屋市緑区有松町の二説あり、未だ確定していないそうです。
 もっとも、この二つの土地は名鉄電車で一駅、この日僕も歩いて移動したように、とても近いので、おおまかな話としては両地点を含む一帯が桶狭間合戦の場所だったと考えられるのでしょう。

 古戦場跡に行って来ましたが、どちらも史跡としてはちょっと重厚感に欠け、比較的新しい石碑などが立っているくらいでした。

 名古屋市側には桶狭間という交差点や住居表示が。
 さらにはパチンコ店の「桶狭間店」の看板もあり、ちょっとシュール(笑)。

DSC_4384.jpg  そのあと、旧東海道の有松の街並みを歩きました。
 県や市の指定有形文化財になっている住宅を含め、江戸時代末期頃からの建物がいくつか並んでいます。
 明治以降あるいはもっと最近かもしれませんが、屋根に洋式のランプが付けられた店も。
 和洋の違いはあれ、クラシックなものどうしは不思議と調和している感じがします。
 こういう宿場町を歩くのがとても好きです。

DSC_4399.jpg  有松絞りという絞り染めが特産。
 江戸時代初期に、知多半島の木綿を使い、九州の豊後絞をもとに作られた手ぬぐいが始まりだとか。
 今でも絞り染めの品を製造、販売する店が軒を連ねています。

  DSC_4409.jpg  さて、よせばいいのに1.5人前もひつまぶしを食べて「鰻は当分いいや」と思った前回の出張から2週間。
 改装した旧家に3軒の店が入っている「神半邸」の中の、「うなさく」という店を見かけてまた鰻が食べたくなってしまい、店内へ。
 うな丼を食べました。

 手作り豆腐などの小鉢もついて1680円。まあ納得の値段・味です。
 十分美味しいですが、鰻も飯もやはり福岡の「吉塚うなぎ屋」が圧勝。
 特に、ここの飯はやや柔らかめで、米粒どうしが少しくっついている部分もあり、大幅減点です。

 愛知県人のみなさんごめんなさい。許して下さい(笑)。

| コメント(4) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hoso0907.com/mt/mt-tb.cgi/423

コメント(4)

こらあ~!!仕事せんかい!
というのは嘘で、お疲れ様です!
名古屋って行ったことがないっす。確かに通過することはありますが・・・
本場の味噌煮込みうどんとひつまぶしは食べてみたい!
電車の写真がないのは新幹線だったからでしょうか?

>>ツヨポン

移動は新幹線だったね。
今回は名鉄電車も初めて乗ったけど、デメキンには会えなかったなー。
そもそも今走っているのだろうか。

まだ走っているみたいだよ。ただ、もう1、2年で全廃になるそうな・・・
あの車両インパクトあるよね!名鉄といえば一般道路と共有していた区間があったよね?

>>ツヨポン

おお、そうか。よく知ってるね。
僕は私鉄のことはさっぱりで情報収集もしてないからなあ(^^;
しかし、全廃が近いのか。
名鉄といえばこれしか思い浮かばないくらいの列車だから、わざわざ撮りに行こうかな…。

道路と共有しているのって、陸橋だったような気がするが、どうだったかな。
なんかそういうのあったね。

コメントする

最近のコメント

Hoso: >>ツヨポン おお、
(旧東海道・有松にて)
つよぽん: まだ走っているみたい
(旧東海道・有松にて)
Hoso: >>ツヨポン 移動は
(旧東海道・有松にて)
つよぽん: こらあ~!!仕事せん
(旧東海道・有松にて)
このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 4.2-ja