2006.08.20(日)

死闘!早稲田実×駒大苫小牧

 今日行われた夏の甲子園・決勝は早稲田実と駒大苫小牧が延長15回の死闘を尽くして1-1、引き分け再試合になりました。あの松山商─三沢以来、37年ぶり2度目のことです。

 早実のエース斎藤佑樹はここまで5試合をほぼ一人で投げぬき、今日は3連投にもかかわらず、延長15回に147km/hの速球を投げ、スタンドをどよめかせました。高校生とはとても思えない落ち着いたプレートさばき、クールな外見とは裏腹に内に秘めた闘志、要所を抑えるクレバーな投球でチームの柱となっています。はっきりとした受け答え、品すら感じさせるたたずまいと端正な顔立ちで、僕が今まで20年観てきた甲子園球児の中で最も「かっこいい」選手だと感じています。

 「球史に残る名試合」というのは、大抵僕がリアルタイムに見ることができなかった過去のものが多いのですが、今日は新しい名勝負が一つ生まれました。
 どちらが優勝でもおかしくない、素晴らしい勝負。純粋に試合を楽しむならこんなに見応えのある試合はないのですが、早実を応援している僕にとっては文字通り「息詰まる」熱戦で、テレビの前で非常に疲れました。

 明日は肩を酷使している斎藤が大変心配ですが、本人は「投げる」というのでしょうか。どうか斎藤を含め両校の選手たちが体を壊すことなく、明日も素晴らしいプレーを見せてほしいと思います。

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hoso0907.com/mt/mt-tb.cgi/150

コメントする

このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 4.2-ja