2006.03.30(木)

早稲田実×関西

 春の高校野球は2回戦が終わり、ベスト8が出揃いました。今大会は点差の競った試合が多いようですが、残念ながら仕事のためほとんど見ることができていません。

 今日の第4試合は、昨日延長15回の末引き分け再試合となった、関西(岡山)対早稲田実(西東京)。今日も手に汗握る熱戦となりました。
 早実が2─1とリードしていた8回裏、関西は5番下田の2ランホームランで逆転。マウンド上でクールな投球を続ける早実のエース斎藤が「しまった」という表情を見せました。昨日に続くドラマチックな試合展開。しかし、ドラマはまだまだ終わりませんでした。

 早実は9回表、一死後に4番後藤が鋭いスイングで左前打。同点に望みをつなぎました。
 そして5番左打ちの船橋が一・二塁間を抜く右前打でチャンスを広げた、その時。一塁走者の後藤が三塁を伺う勢いで走っていることに焦ったのか、ライトの熊代が打球を後逸。ボールがフェンスにまで転がる間に一塁走者はもちろん、打者の船橋までが生還し、早実が土壇場で再逆転したのでした。

 しかも、その裏関西は一死後に2本の幸運な内野安打などで二死満塁と執念を見せます。もう十分にドラマチックな試合なのに、一打逆転サヨナラという場面でバッターボックスには4番安井。観客はもちろん、全国の野球ファンが息を飲んだことでしょう。
 1─2からの4球目、安井のバットはボールの下を叩きます。本塁後方へ高く上がった白球がキャッチャーミットに収まり、早実が24年ぶりの準々決勝進出を決めました。

 昨日とあわせ、24イニングの死闘。その最後の2イニングはとりわけ濃密でした。勝利を目前にして、思わぬエラーで逆転を許したあとも落ち着いて後続を断った関西の投手・中村。エラー直後から涙が止まらず、9回裏ダッグアウトから泣きながら声を張り上げていた熊代。その熊代の肩や頭をしきりにさすって励ます関西の選手たち。緊迫の場面にもかかわらず際どい球を選んで四球で出塁した関西の2番・徳岡。最後まで、そして試合終了後も冷静な表情を変えなかった早実のエース斎藤。一挙手一投足がすべて印象的でした。

 どちらかといえば早実を応援している僕ですが、最後の場面はどちらが勝ってもいい、関西も頑張れという気持ちになりました。
 試合の終わりを告げるサイレンと同時に甲子園にはちらちらと雪が…。劇的な上に劇的な、高校野球史に残る勝負でした。 

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hoso0907.com/mt/mt-tb.cgi/128

コメントする

このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 4.2-ja