2006年3月アーカイブ

2006.03.30(木)

 春の高校野球は2回戦が終わり、ベスト8が出揃いました。今大会は点差の競った試合が多いようですが、残念ながら仕事のためほとんど見ることができていません。

 今日の第4試合は、昨日延長15回の末引き分け再試合となった、関西(岡山)対早稲田実(西東京)。今日も手に汗握る熱戦となりました。
 早実が2─1とリードしていた8回裏、関西は5番下田の2ランホームランで逆転。マウンド上でクールな投球を続ける早実のエース斎藤が「しまった」という表情を見せました。昨日に続くドラマチックな試合展開。しかし、ドラマはまだまだ終わりませんでした。

 早実は9回表、一死後に4番後藤が鋭いスイングで左前打。同点に望みをつなぎました。
 そして5番左打ちの船橋が一・二塁間を抜く右前打でチャンスを広げた、その時。一塁走者の後藤が三塁を伺う勢いで走っていることに焦ったのか、ライトの熊代が打球を後逸。ボールがフェンスにまで転がる間に一塁走者はもちろん、打者の船橋までが生還し、早実が土壇場で再逆転したのでした。

 しかも、その裏関西は一死後に2本の幸運な内野安打などで二死満塁と執念を見せます。もう十分にドラマチックな試合なのに、一打逆転サヨナラという場面でバッターボックスには4番安井。観客はもちろん、全国の野球ファンが息を飲んだことでしょう。
 1─2からの4球目、安井のバットはボールの下を叩きます。本塁後方へ高く上がった白球がキャッチャーミットに収まり、早実が24年ぶりの準々決勝進出を決めました。

 昨日とあわせ、24イニングの死闘。その最後の2イニングはとりわけ濃密でした。勝利を目前にして、思わぬエラーで逆転を許したあとも落ち着いて後続を断った関西の投手・中村。エラー直後から涙が止まらず、9回裏ダッグアウトから泣きながら声を張り上げていた熊代。その熊代の肩や頭をしきりにさすって励ます関西の選手たち。緊迫の場面にもかかわらず際どい球を選んで四球で出塁した関西の2番・徳岡。最後まで、そして試合終了後も冷静な表情を変えなかった早実のエース斎藤。一挙手一投足がすべて印象的でした。

 どちらかといえば早実を応援している僕ですが、最後の場面はどちらが勝ってもいい、関西も頑張れという気持ちになりました。
 試合の終わりを告げるサイレンと同時に甲子園にはちらちらと雪が…。劇的な上に劇的な、高校野球史に残る勝負でした。 

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.03.22(水)

 今夜、宮城大学(仙台市とその周辺にキャンパスをもつ私立大学)管弦楽団の設立第1回定期演奏会を聴いてきました。曲目はブラームス「大学祝典序曲」、チャイコフスキーの組曲「くるみ割り人形」から8曲、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」。有名な曲が目白押しです。

 仙台は、さすがに東京と比べるとクラシックコンサートの回数は数十分の一。ケタが違います。クラシック音楽の活動が活発とは決していえない仙台で、アマチュア音楽家、それも音楽好きの学生たちが加わって楽団が結成されたことをとても喜びたいと思います。

 なにしろ1回目の定期演奏会。演奏にはところどころ自信のなさがうかがえましたが、巨匠の名曲を演じ切りました。演奏後、指揮者に促されてパート奏者が立ち上がる時のぎこちなさが、生まれたての楽団であることを印象づけました。

 それでも、結成からもう2年たったそうです。集まった学生のほとんどは楽器を所有しておらず、経験もあまりなかったとのこと。1から楽団をつくることは、演奏技術はもちろん、運営面も含めて想像を絶する苦労があるのでしょう。今日ホールでの初めての舞台を終え、団員たちは大きなステップを登ったのではないでしょうか。

 アンコールは、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」。秀麗な中に物悲しさを秘めた珠玉の旋律を、初めて生で聞かせてもらいました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.03.20(月)

鉄道

 18日にJRのダイヤ改正が行われました。…ってまるで鉄道ファンを前提にした話ですが。
 その前日の17日、僕は東京にいました。正確には16日の夜仕事を終えてから東京に駆けつけていましたが。

 今回のダイヤ改正で、常磐快速線の103系、東海道本線東京─熱海間を走ってきた113系が撤退し、東京と出雲市を結んでいた寝台特急「出雲」が廃止されたのです。
 小学生の時に福岡から東京・足立区に引越した僕にとってはいずれもなじみのある列車。長い歴史を持つ車輌・列車であり、鉄道ファンにとってとても愛着のある存在です。

 とりわけ、常磐線沿線住民だった者として、103系の営業運転の最後というのは深い感慨を覚えました。引っ越してきた僕でも20年間親しんで来た車輌なのです。

 毎日、すごい轟音を立ててひっきりなしに走っていた103系。電車の代名詞といってもいい、「湘南色」の113系。DD51の車体とヘッドマークの朱色が眩しい「出雲」。どれも、当たり前の光景でした。
 17日はその一つ一つに別れを告げて来ました。僕たちを惹きつけてきた車輌、列車が時とともにどんどん姿を消してゆくのはとても寂しいです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.03.13(月)

ネコ

 今夜は久々に僕の家に猫が上がってきました。僕の左手を“ガブリ”と噛んだあの猫です。
 最近顔を合わす機会が減っていましたが、ちゃんと覚えてくれていて、すぐに擦り寄ってゴロゴロ。汚れてそうだから抵抗されながらも体を拭きましたが、その後もよく自分でなめていました。

 今夜の夕食は秋田の湯沢で買ってきた稲庭うどん。なぜかこの猫は横で食べたそうにしてるので、試しに上げたら美味しそうに食べました。めんつゆをつけなくてもむしゃむしゃと。猫もうどんなんか食べるんでしょうか。

 この猫が来てから3時間。僕の目が少しかゆくなってきました。僕は大の猫好きでありながら、猫アレルギーなのです(笑)猫といられる時間に限りがあるのかもしれません。厄介なことです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.03.12(日)

 米軍空母艦載機の移駐の賛否をめぐって山口県岩国市で行われた住民投票で、移駐反対の意思が圧倒的多数をもって示されました。

 アメリカといえば、いうまでもなく今世界の平和にとって最も危険な国──国際法を次々に踏みにじり、先制攻撃による侵略戦争をひきおこしている国です。今回の米軍再編は、日本の平和を守るためなんかではなく、米軍がアジア地域でより機動的に展開できるようにするためのもの。イラクやアフガニスタンへの侵略、先制攻撃のような国際法違反の戦争を進めるためのもので、日本国民にとっては百害あって一利なしです。

 今まで米軍基地への反対運動があまり強くなかった岩国市で今回のような住民意思が示されたことの意味は大きいと思います。住民がくじけずに反対の声をあげ続ければ、日米政府をもってしても思い通りのことをやれないことは、沖縄県名護市の海上基地建設が頓挫していることで明らかです。

 山口県出身の安倍晋三官房長官を含め、政府高官や政権党である自民党の要職にある者が、今回の住民投票を妨害する発言や、住民の意思を無視して基地を押し付ける旨の発言をしていますが、彼らはそのような要職にふさわしくないのはもちろん、そもそも国会議員の資格がありません。二重、三重に憲法違反を犯しています。

 今回の選挙結果に、米軍再編の対象とされている全国の自治体が励まされ、もっと力強い声を上げることを願います。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.03.07(火)

 東京では春一番が吹いたとか、気温が18℃とか?すっかり春ですなぁ。仙台も寒さが緩んだとはいえ、まだまだです。

 ところで、開幕も近いプロ野球。セ・リーグが来季からプレーオフ制度を導入することが決められてしまったようです。僕はプレーオフには反対。理由は単純に、別に面白くないからです(笑)
 パ・リーグで2年前から導入され、2年続けてシーズンの勝率1位チームが破れ、日本シリーズに出ていません。長いシーズンを勝ち抜いたチームが日本シリーズに出て来ないというのは、それだけでつまらない。
 プレーオフの何が面白いのでしょう…?

| コメント(0) | トラックバック(0)
Powered by Movable Type 4.2-ja