2006年1月アーカイブ

2006.01.26(木)

ネコ][音楽

 いまNHKの「みんなのうた」で流れている「クロ」という歌が素敵です。

 クロとは、主人公の女性の家に半ノラで住み着いた黒猫のこと。大きな木の下でクロに出会ってから、毎日を一緒に過ごした楽しい思い出が描かれます。
 そしてある日、クロは「ふらりと出たまま そっとこの夜空になった」。切ない別れが胸に迫る詩です。クロは死期を悟って自ら出ていったのでしょうか。

 この歌はシンガーソングライターの遊佐未森さんが実体験をもとに作ったそうです。その優しいボーカルが歌にマッチして、特に先の詩のところでは本当に胸が熱くなります。「みんなのうた」で泣けるのは初めてです(笑)

 「君に逢えたことが宝物」という言葉も素敵だと思います。残念ですが、「クロ」は1月末までの放送です。もっと早く紹介するべきでしたね。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.01.24(火)

鉄道

 JR西日本で、今度は保線作業をしていた作業員3人が特急電車にはねられて死亡する事故がおきました。事故が起きたのは伯備線の根雨─武庫間(鳥取県)。列車は特急「スーパーやくも」です。

 ニュースを聞いてすぐに、2002年に東海道本線塚本─尼崎間で、線路付近で救助活動をしていた救急隊員2人が特急にはねられ、1人が死亡、1人が重傷を負った事故を思い出しました。この時も原因はJRの連絡ミスでした。

 報道によれば、JR西日本は「お客様に不安を与えるような事故を起こして申し訳ない」と謝罪したそうです。今回の事故は乗客に死傷者が出ていないとはいえ、3人の貴重な命が失われました。02年の事故の教訓が生かされていなかったのではないか。昨年、国民に衝撃を与えた尼崎の事故から1年もたたないというのに、JR西日本の人命、安全に対する意識はどうなっているのか。

 尼崎事故での、JR西日本の高見運転士に対する態度もそうですが、今回も3人の社員の命を奪ったことへの謝罪はないのでしょうか。「お客様」に対する誠実な態度が求められるのは当然ですが、安全軽視の体質が社員をも犠牲者としていることを反省すべきではないでしょうか。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.01.23(月)

日記

 6日から入院している福岡の祖父の容態が悪化したとの知らせを受けて、20日から昨日まで福岡にいました。知らせを受けた19日は仕事で東京にいたのですが、仕事を終えた夜、状況が深刻だと聞いて急遽西へ西へと向かいました。
 夜7時過ぎの東京駅。航空機で福岡に行くにはもう間に合わず、「のぞみ」の博多行きも終わっていて、広島まで行って1泊し、翌日に博多入りしました。

 祖父は酸素マスクをつけてベッドに横たわり、会話も食事もできず、よびかけにかすかにうなずくのが精一杯の状態になっていました。年をとったとはいえ、少し前まで元気(特に精神的に)な姿を見てきただけに、こんなに急に悪くなってしまったことにびっくりしました。

 肺炎がもとで色々な症状を併発しているそうで、血小板の減少で出血も止まりにくくなっています。血圧も乱高下を繰り返しました。危険な状態のもとではありますが、昨日と今日はやや安定しているそうです。仕事のこともあり、僕は一旦昨日仙台に戻りました。航空機だと福岡から仙台もあっという間だと感じました。

 もう一度、祖父と話ができるように、なんとか少しでも回復をと祈っています。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.01.15(日)

 今日は一日家にいました。寒さが緩んだといってもあまり実感がありません。

 そういえば(笑)、このサイトのアクセスカウンタが3000を超えました。もちろん、この数はトップページから入ってくる方だけの数であり、トップページから入ってくる方というのはほとんど、僕の知人でURLを知っている方だけです。検索サイトから何らかの検索文字列で、直接旅のページや鉄道のページにたどり着くケースもたくさんあるので、実際のアクセス数は数倍ということになります。ま、いずれにせよ大した数ではありません(笑)

 この「日々雑感」、ありがたいことに、僕の友人で「いつも読んでいる」という“固定客”もいらっしゃいます(笑)「過去ログを読めるようにしてほしい」という要望がついに3件に上りました(笑)
 僕はブログにはあまり興味ないのですが、そういう要望を踏まえ、このコーナーのブログ化も検討課題にあげようと思います。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.01.12(木)

 毎日寒くて参っていますが、今日は特に寒かった気がします。気象情報を見てみると、仙台市の18時の気温が-1℃となっている…。寒いはずです。

 今年、僕は事情があって年賀状を出したのが遅くなってしまったのですが、来るのもとても遅かったです。今ようやく、受け取った年賀状の枚数が出した枚数の約3/4に達しました。友人の数は少なくないのですが、年賀状が届くのがこんなに遅いのは、僕の友人たちがずぼらなのか、僕の人望が薄いのか…(笑)

 予報では、あさってあたりから仙台も急に気温が上がるとのこと。変な天気ですが、少しでも寒さが緩むならありがたいです。豪雪に見舞われた地域のみなさんには、新たな雪崩の危険など、ご苦労が続いてしまいますが…。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.01.09(月)

鉄道

 雪の被害が各地で相次いでいますが、昨日は僕も吹雪の中にいました。
 今年の“鉄道撮り初め”にと、有数の豪雪地帯路線、米坂線(山形県の米沢市と新潟県荒川町の坂町という駅を結ぶ路線)を目指して行った…のですが、恐れていたとおり、米坂線は雪のため大部分の区間で終日運休。
 いつも土曜が仕事で、日祭日以外に休暇を取るのに苦労する僕としては、2連休はとても貴重な機会。民宿も予約して1泊2日の撮影旅行の予定でした。

 米坂線が動かないことが確定したところで、全く予定になかった山形鉄道長井線に行ってきました。長井線は、かつての国鉄の路線で、政府・自民党による国鉄民営化・ローカル線切り捨て政策を受けて、なんとか第三セクターとして存続している路線です。2004年にヒットした映画「スウィング・ガールズ」の舞台となった鉄道といったほうが、わかりいいでしょう。

 いつも鉄道撮影に行くときは、事前に地図などをよく調べて詳細な計画を立てていくのですが、今回の長井線の旅はまさに突発事態。使える時間の中で、“適当”に駅を降りました。駅であったおばあさんによれば地元の人でも今まで経験したことがないほどの吹雪の中、列車にカメラを向けました。

 1年前に買った冬のウェア、ブーツに加え、今回は豪雪地帯ということでスパッツも準備。おかげで、膝まで雪に埋まることがあっても大丈夫でした。長井線も全線完乗♪

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.01.07(土)

 毎日すごい冷え込みです。真昼でもコートなしで外に出ることはとてもできません。
 路面はところによってはつるつるのスケートリンク状態。毎朝自転車通勤の僕は、スピードを緩めて慎重に走っています。
 仙台の冬はすでに1回経験済みとはいえ、この冬の寒さは昨年以上のものがあります。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.01.05(木)

 2日前のことになりますが、今年も箱根駅伝が行われました。

 早稲田は、事前の「有望」との予想を大きく裏切り、13位で4年連続シード落ち。このところ低迷が続いています。
 1年生ながら2区を任された竹澤が期待どおりに伸びず、昨年9区を区間4位の好走を見せた河野は、今回は区間16位に沈んでしまいました。

 2日、3日は毎年のことですが、法政大出身の親友と時々メールで会話しながらテレビ観戦。法政は往路苦しんだものの、復路で見事初優勝しました。

 総合優勝は初の亜細亜大。8区途中まで首位を走った順大は主将の難波が脱水症状に襲われてまさかのブレーキ。5連覇のかかった駒大も伸びず、亜大が乱戦を制しました。
 早大が上位争いを演じるところもそろそろ見たいものです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006.01.01(日)

 明けましておめでとうございます。

 年末に羽越本線で起きた特急列車の脱線転覆事故。死者5人の惨事となりました。
 実はその現場に取材で行ってきました。現場は冷え込みが厳しく、厳重な防寒着でも長時間じっとしていると体が震えました。

 暴風雪警報が発令されるなかで、速度制限なしに特急を運行したことに問題はなかったのか。今後、天候による運行制限の基準見直しが求められます。

 大晦日は、仙台から新幹線を使わずに東北本線を南下して今年の鉄道写真“撮り納め”をしながら実家に帰ろうと思っていましたが、取材の疲れのため断念。新幹線で東京に来ました。
 今夜は毎年恒例のウィーンフィルのニューイヤーコンサートを見ました。明日はいよいよ箱根駅伝。毎年のことですが、朝から6時間テレビの前に釘付けになります。今年は早稲田に期待の1年生が入ったと聞きますが、いかに…。

| コメント(0) | トラックバック(0)
Powered by Movable Type 4.2-ja