2005年9月アーカイブ

2005.09.20(火)

 5~6日前から一気に風が秋らしくなってきました。まだ気温がずいぶん上がることもありますが、今までと全然ちがう涼しい風が吹き抜けていきます。
 今夜は今年初めてさんまを焼いて食べました。昨年の今頃さんまを食べていたのがつい昨日のことのようです。早いものです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2005.09.10(土)

 仕事が忙しく、9月7日という大切な日(笑)に更新できませんでした。僕も28歳。年を重ねるのがだんだんいやになってきました(笑)

 話は変わりますが、あす11日は衆院総選挙の投票日。突然ですが、あなたの政治に対する感覚を即席チェック(笑)以下の10の項目について「そうだ」あるいは「なんとなくそうかもしれない」と思うものはいくつありますか?

【1】少子高齢化と財政危機のもと、消費税はいずれ引き上げはやむをえない
【2】郵政事業は、このままでは衰退に向かい、国民負担が生じるおそれがあるので民営化したほうがいい
【3】いま国や自治体が行っている事業も、民間でできるものはなるべく民営化・民間委託したほうが様々な面でメリットがある
【4】日本は深刻な財政危機にあるので、福祉や教育の予算をある程度削るのもやむをえない
【5】日本が国際社会でもっと信頼をえるためには自衛隊の派遣など人的な貢献が必要であり、そのために憲法改正の議論が盛んになっている
【6】靖国神社への政治家の参拝が問題になっているが、中国や韓国がこのことで日本を批判するのは、厳密には内政干渉にあたる
【7】日本から米軍が撤退すると、他国から攻め込まれ、日本の独立を侵される危険が増す
【8】日本の政治・行政が国民不在になっている最大の元凶は官僚組織にある。一連の民営化などはそこにメスを入れるという意義をもつ
【9】小泉首相は、強引な政治手法に問題はあるが、旧来の既得権益にメスを入れるなど、これまでの自民党政権による政治を画期的に変える可能性をもつ政治家だ
【10】政治家も痛みを負うべきであり、衆院の比例定数削減など、国会議員の数を減らすべきだ


 さて、いくつあったでしょうか(笑)。5つ以上あった人は相当やばいです(笑)。いや、1つでもある人は要注意だと思います…。
 新聞やテレビで報道されていることや、コメンテーターの言葉を一つひとつ疑うくせをつけましょう。それにしても、ちょっと更新が遅すぎましたね(笑)。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2005.09.03(土)

日記

 あっという間に9月です。今年は仕事が忙しくなり、夏を満喫というわけにはいきませんでした。書き忘れましたが、仙台に移り住み、初めての一人暮らしを始めてから1年が過ぎました。
 どうなることかと思って始めた一人暮らしですが、なんとかなるものです。料理、洗濯、掃除はそれなりにこなし、夕食を外食することはありません。

 話は変わりますが、今日まで富山県旧八尾町(残念ながら富山市と合併)で伝統の夏祭り「おわら風の盆」が開かれています。胡弓の音にのり、笠を深くかぶった女性たちが八尾の街並みを踊るというものです。

 この祭りはぜひ見たいと思っていて、2003年には飛騨高山などと併せてこの町を訪れる計画を立て、ホテルの予約まで取りましたが、阪神タイガースが18年ぶりの優勝に快進撃を続けていたため、すべてとりやめて大阪・神戸旅行に変更した経緯があります(笑)
 日本の素晴らしい祭りを一つでも多く見たいと思っていますが、この「風の盆」はできるだけ早く見に行きたい祭りです。

| コメント(0) | トラックバック(0)
Powered by Movable Type 4.2-ja