2005.01.17(月)

阪神・淡路大震災10年

 あれから10年。早く感じます。高校の休み時間、テレビには神社の大鳥居が地面に倒れている映像が流れていました。

 大阪、神戸の方面には僕も少なからず友人がいます。それぞれに特別な日を迎えたことでしょう。それを思えば、僕にはあまり語るものはありません。

 一ついえるとすれば、「私有財産」を理由に被災者の生活、営業再建への支援を拒んできた政府、一部の政治家たちの責任です。 街が丸ごとなくなるような事態を「私的な問題」とでもいうのでしょうか。

 被災者たちの運動は風穴を開け、全半壊住宅の解体費用等に200万円を支給するところまでは実現しました。災害に強い国づくりと、憲法の生存権を保障する政治の実現はまだ始まったばかりです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hoso0907.com/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする

このブログに関するお問い合わせ、ご意見等はお気軽にメールでお寄せ下さい。 iken@hoso0907.com
Powered by Movable Type 4.2-ja